科目名 建築設備基礎(Basic Lecture on Buildings Equipments)
担当教員 水谷 国男
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 建築設備と建築環境の関わりから建築設備の基礎を講義する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf
到達目標 建築設備の種類とその役割の基礎を説明できる。
授業計画 1.建築環境と建築設備
2.冷暖房・空気調和設備
3.熱源機器と熱源システム
4.空調方式と配管・ダクト
5.自動制御設備
6.換気設備とクリーンルーム
7.給水設備
8.排水・通気設備
9.衛生器具と排水処理設備
10.給湯・ガス設備
11.消防・防災設備
12.電源設備・発電設備
13.電気配線と照明・音響設備
14.避雷設備と搬送設備
15.建築設備と地球環境
履修上の注意 建築環境学Ⅰ、建築環境学Ⅱを履修済であることが望ましい
準備学習(予習,復習について) 教科書及び配布資料の該当箇所をを予習・復習すること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 小テスト・課題レポートおよび期末試験の結果により評価する
教科書等 教科書:「図とキーワードで学ぶ建築設備」飯野秋成(学芸出版社)定価2,800円(本体)
参考書:必要に応じて講義中に配布する
(※学内限定となります。)