科目名 デッサン(Dessin)
担当教員 村山 之都
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 基本的なデッサン力の向上を図る。手を動かすという実際的な作業を通じてイメージを視覚化する演習を行う。 
到達目標 ・画材の特性を理解し、実際に使うことができる。
・実物のモチーフを見ながらパースに違和感なくデッサンできる。
・質感の表現方法を理解し、実践できる。
・モチーフの色彩の有無にかかわらず立体物として表現できる。
・人物のプロポーションを理解し、歩行姿勢などの描画ができる。  
授業計画 授業計画
1.オリエンテーション/画材の特性と使用法
2.着衣モデルクロッキー
3.白黒のモチーフ(1)モチーフの構造
4.白黒のモチーフ(2)明暗の「かたち」と質感
5.白黒のモチーフ(3)描写・コントラスト/講評
6.色彩と明暗(1)動勢とリズム
7.色彩と明暗(2)色彩の明暗転換
8.色彩と明暗(3)トーンを追う・そしてその形態/講評
9.顔の造形─自画像(1)頭部構造の把握
10.顔の造形─自画像(2)細部の特徴観察
11.顔の造形─自画像(3)描写と表現/講評
12.組み合わせの構造(1)非言語領域と造形
13.組み合わせの構造(2)パースペクティブ
14.組み合わせの構造(3)空気遠近法、線遠近法
15.組み合わせの構造(4)描き込みと視線誘導/講評  
履修上の注意 定員50名。これより届出数が極端に多い場合は初回の授業時に選考テストを行う。  
準備学習(予習,復習について) 自宅でコスチューム人物のクロッキーを行い、毎回授業時に5枚を提出すること。1枚にかける時間は10分以内。小サイズの紙(A5~A4程度。どんな紙でもよい)に鉛筆またはペン。実在のモデルが望ましいが、いなければポーズブックや雑誌の写真などを使用してもよい。立体感を出すための陰影は必要ない。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 課題ごとの採点、出席状況、準備学習の提出状況を見て、総合的に判断する。  
教科書等 ・教科書なし
・必要に応じてプリントを配布する。
・2回目授業時(クロッキー)の持参物:鉛筆(2B~4B程度)、クロッキー帳(F8号以上)  
(※学内限定となります。)