科目名 建築設計製図V(Architectural Design V)
担当教員 八尾 廣、熊倉 洋介
単位数 3
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業目的】
広く市民に親しまれ、永く都市環境に対しても貢献する建築について理解し設計を実践する。建築と都市の関係を深く理解すると共に、都市の特性や問題を自ら発見し、具体的な設計のアイデアに結実させる能力を身につけることを目的とする。(課題1では都市空間の改善についての提案として、第2課題では具体的な公共的建築として)
【授業概要】
第1課題「厚木市中心市街地改造計画」では、既存の市街地環境をよく観察し、その中から課題を自ら発見し、人々が心地よく過ごすことのできる環境として具体化する。日本の都市が抱える課題に取り組み改善するアイデアをグループでのワークショップにより具体化する。第2課題「情報ライブラリー」では既定のプログラムを解決し、人々が集まり交流し、様々な情報を得る公共的な建築を構想し具体化する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf 
到達目標 ・周辺環境と建築との密接な関係を理解しデザインすることができる
・都市の現地調査によって、日本の郊外の都市が抱える課題等を自ら知り考えることができる
・日本の都市の抱える問題に対する解答としての建築的提案を具体化できる
・情報ライブラリーをの設計を実践することにより、市民が広く利用する公共的建築の機能、空間構成を理解し、設計により具体化することができる
授業計画 1. 第1課題「厚木市中心市街地改造(改善)計画」出題、グループ分け、教員と共に市街地サーベイ
2. 都市のソフト面についてのリサーチ調査提出・発表・ワークショップ
3. 都市空間についてのレポート、提案プログラムボードの提出・発表・ワークショップ
4. 建築プログラム提案ボードの提出・発表・ワークショップ
5. 合同エスキースチェック1(各グループの対象敷地、テーマの確定)
6. 合同エスキースチェック2(デザインエスキース、各チーム案の調整)
7. 合同エスキースチェック3(デザイン最終チェック、最終調整)
8. 提出・講評/第2課題「情報ライブラリー」出題
9. レポート提出・講評、エスキースチェック1(構想)
10. エスキースチェック2(配置、平面計画、断面計画)
11. 中間提出・エスキースチェック3(各案について総合的にエスキース)
12. エスキースチェック4(設計案詳細)
13. エスキースチェック5(最終チェック、プレゼンテーション指導)
14. 提出・講評

15. デザインリビュー
履修上の注意 1)提出期限を守ること
2)グループワーク、ワークショップにおいては高いモチベーションを持ち自らのアイデアを提案し図面や模型等のメディアにより表現する姿勢が求められる
3)授業の基本的ルールを守ること
準備学習(予習,復習について) 1)予習:エスキースチェック前に必ず制作を行い成果物を持参すること
2)復習:設計指導の内容をよく吟味し設計内容をブラッシュアップすること
※設計製図科目は自宅で設計してくることが大前提である。各回の予習・復習には最低でも120分~180分の時間がかかると予想される。必ずしも時間をかければ良い案が浮かぶものではないが、敷地模型の製作に始まり、ボリュームの検討、イメージスケッチのドローイングなどの設計の実作業を積み重ねなければ、優れた設計案は生まれるはずもないことを理解して取り組むこと。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 成果物と講評会でのプレゼンテーションについて、第1課題を30満点、第2課題を70点満点で評価し、計100点とする 
教科書等 参考書:「コンパクト建築設計資料集成」日本建築学会編丸善5040円
※その他、必要な資料を授業中に配布する。  
(※学内限定となります。)