科目名 建築意匠(Theory of Architectural Design)
担当教員 市原 出
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 [授業目的]
意匠という言葉は、意=思い描くイメージを匠=形あるものにする、という意味をもっている。そして、建築の形態は、社会的条件、経済的条件、技術的条件といった外存的要因によって決定されるだけでなく、形態自体の中に存在する内存的諸条件によって成立している、と言える。その内在的条件によって成立する、建築空間の形式について理解することを目的とする。
[授業概要]
建築がいかにして具体的な形態を与えられるかを考える。建築意匠のあつかう問題のうち、空間に関する基礎概念を概説し、主として近代建築作品を対象として具体的空間の形式を考察する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 ・建築作品の空間形式を理解することができる
・理解した空間形式を制作に応用できる
授業計画 1. 近代建築の空間について1
2. 近代建築の空間について2
3. 建築空間論概説
4. 空間論1/空間の基本的構造
5. 空間論2/中心
6. 空間論3/境界
7. 空間論4/開口
8. 近代初期/マッキントッシュ
9. 近代盛期1/コルビュジェ
10. 近代盛期2/ミース
11. 近代盛期3/ライト
12. 近代後期/カーン
13. 近代以降/ヴェンチューリ
14. 結/制作論1/住宅を中心に
15. 結/制作論2/厚木キャンパスの建築について
履修上の注意 1) 授業中の基本的ルールを守ること
2) 建築作品を実際に見ること。作品集、建築雑誌などを常に見る習慣をつけること
準備学習(予習,復習について) 建築専門雑誌の内、「a+u」は毎号目を通すこと。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業中のレポート4ないし5回、各10点、最終レポート60点の総点で評価する。
教科書等 教科書
なし 講義毎に資料を配布する
参考書
「リビングポーチ:アメリカ郊外住宅の夢」市原出著 住まいの図書館出版局 2940円
「建築意匠講義」香山寿夫著 東京大学出版局 6090円
「建築意匠論」香山寿夫著 日本放送出版協会 1680円
(※学内限定となります。)