科目名 都市計画(City Planning)
担当教員 鍛 佳代子
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 授業の目的:
我が国の都市計画手法の基本的な仕組みを習得し、良好な市街地空間形成についての理解を深めることを目的とする。

授業の概要:
都市計画に関する歴史や計画理論について概説し、都市計画を達成するための計画制度や技術的手法について学ぶ。さらに、近年、人口減少などの社会的背景から、都市計画の方向は都市の発展・開発から再生へとシフトしている。都市再生に関する基礎的手法について学ぶ

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 1.都市計画制度の概要や計画策定技術に関する基礎的知識を習得することができ、それらを他者に説明や応用できる
2.都市再生手法に関する基礎的知識を習得することができ,建築・都市空間を具体化し、表現することができる
授業計画 1.ガイダンス
2.古代都市史
3.近代都市計画史 ヨーロッパ
4.近代都市計画史 アメリカ
5.近代都市計画史 日本(古代~近世)
6.近代都市計画史 日本(近代~現代)
7.都市基本計画1(概論)
8.都市基本計画2(土地利用計画)
9.都市基本計画3(都市施設の計画)
10.市街地開発計画
11.住宅計画
12.都市デザインと都市再生
13.都市デザインと都市再生1(街並)
14.都市デザインと都市再生2(オープンスペース)
15.都市デザインと都市再生3(街路)
履修上の注意 1)授業中の基本的ルールを守ること
2)授業中の履修態度により調整点あり(周囲の人も含まれる)
 加点/講義中の発表・質問
 減点/大幅な遅刻、理由なき退出、私語 
準備学習(予習,復習について) 1)教科書の該当部分を講義ごとに事前に読んでおくこと
2)講義後、自分の講義ノートを整理し、補助プリントとの関連を把握し、知識のまとめをする自習すること
3)関連する建築作品の図面・写真・実物をなるべく多く意識して見ること


*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業時の取組み方、小レポート及び小テスト(40点)と期末試験(60点)の結果を総合して評価を行う 
試験方法:
小テスト、定期試験とも、教科書、講義及び配布するプリント教材の中から出題する

課題に対するフードバック:授業時及び授業終了後に随時行う
教科書等 教科書:
「みんなの都市計画」脇田祥尚著、理工図書、3,000円(本体)
その他、必要な資料は適宜配布する

参考図書:
「コンパクト建築設計資料集成 -都市再生-」日本建築学会編、丸善、5800円(本体)
「コンパクト建築設計資料集成 」日本建築学会編、丸善、4800円(本体)
「世界のSSD100―都市持続再生のツボ」東京大学cSUR-SSD研究会編、彰国社、2,800円(本体)
「都市計画教科書」都市計画教育研究会編、彰国社、定価3,650円(本体)
(※学内限定となります。)