科目名 建築生産I(Management and Organization of Building Process I)
担当教員 森田 芳朗
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 人々の建築空間を実現する建築生産は、設計開始から竣工・引渡しまでの業務だけでなく、その前段階にあたる事業企画、各種の発注業務、また後段階にあたる維持管理、再生、解体、廃棄といった広範な業務を含んでいる。Ⅱに先立ちⅠでは、この建築生産という行為の全体像とその社会的な位置付けについて、教科書を用いて講義する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 建築生産という行為の全体像とその社会的な位置付けについて説明できる。
授業計画 1. 導入: 建築生産とそれをとりまく環境の変化
2. 建築プロジェクトの起こり方
3. 経済生産と建築経済
4. 建築生産と産業構造(住宅)①: 住宅産業の歴史
5. 建築生産と産業構造(住宅)②: 注文住宅
6. 建築生産と産業構造(住宅)③: 集合住宅
7. 建築生産と産業構造(住宅)④: ストック再生
8. 建築生産と産業構造(一般建設業)①: 建設業の歴史
9. 建築生産と産業構造(一般建設業)②: 建設労働
10. 建築生産と社会規範
11. 建築の生産と利用
12. ケーススタディ①: 20世紀の建築家の夢
13. ケーススタディ②: ストック時代の建築生産
14. 建築生産の未来像
15. まとめ
履修上の注意 特になし。
準備学習(予習,復習について) 教科書の指定箇所を毎回事前によく読んでくること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 以下の配点により、100点満点で評価する。
・テスト:100点(持ち込み可)
教科書等 教科書:『建築生産レファレンス』(彰国社)定価2.300円+税
参考書:『建築生産(第二版)』松村秀一編著(市ヶ谷出版社)定価2,900円
(※学内限定となります。)