科目名 建築構造演習II(Structural Systems Seminar II)
担当教員 吉田 昭仁
単位数 1
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
建築構造Ⅱの講義内容に沿って演習を行い,鋼構造に対する理解を深めるとともに,設計法の修得をはかる。
【授業概要】
鋼構造の設計に必要な荷重の算定および,部材要素の部分的な設計法について例題の解説を理解し、講義内容に沿った演習問題を解けるように鍛錬する。鋼構造の使用材料,許容応力度の決め方,荷重外力,梁・柱・圧縮材・引張材など各パーツの設計法,あるいは高力ボルト接合や溶接などの接合法など,鋼構造建物の構造設計を行う上で必要な事項全般を修得するための例題を自分で解いて修得する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 ・鋼構造で重要となる外力が算定できる。
・各種引張材,圧縮材,曲げ材の断面算定法が説明できる。
・各種接合部の耐力評価法が理解でき,断面算定ができる。
・各種継手部の耐力評価法が理解でき,断面算定ができる。
・鋼構造設計の各パーツとなる基本的計算手法を習得し,設計の流れが説明できる。
授業計画 ・各回の授業内容
1. 鋼構造の特徴
2. 地震力の算定
3. 有効断面積の算定
4. 鋼構造の材料,接合法のビデオ
5. 引張材の設計
6. 高力ボルトの検定
7. 溶接部の設計
8. 単一圧縮材の設計
9. 組立圧縮材の設計
10. 形鋼ばりの設計
11. プレートガーダーの設計
12. 溶接プレート柱の設計
13. 柱脚の設計
14. はり継手の設計
15. 合掌材およびもやの設計
履修上の注意 講義科目の建築構造Ⅱと平行して行うので,これを同時に履修することが必要である。進み具合によっては,建築構造Ⅱの補習の講義を行うこともある。
準備学習(予習,復習について) 演習は,その週までに建築構造Ⅱで学習した内容について行うので,対応する事項を復習(60分程度)しておくとともに,必要な図表等の見方を確認しておかなければならない。また,時間内にできなかった部分については,配布される類似の模範解答を参考にして,その週のうちに必ず自分自身で計算を終了させ,不明な事項を残さないようにする。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 毎週,演習問題を解いて提出し,その結果と理解度により評価する。提出した演習レポートは採点後にフィードバックする。
教科書等 配布資料として参考文献等を配布する。さらに詳しく学習したい場合には、参考書として以下の書籍がある。「鋼構造設計規準」日本建築学会編 丸善 ¥5,040
<キーワード>
鋼構造,鉄骨造,有効断面積,引張材,圧縮材,継手,接合部
(※学内限定となります。)