科目名 建築構造IV(Structural Systems IV)
担当教員 藤井 衛
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
建築基礎構造を講義する。講義内容に即した演習も行う。
【授業概要】
前半において、建物と地盤の関りや土の物理・力学的性質を学ぶ。これによって、土に関する十分な知識を身につけてもらったのち、後半において基礎の支持力や沈下について学ぶ。
【学習成果との関連】
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
建築学科:http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf
到達目標 ・地形から地盤の硬軟の判断ができる。
・土の物理的性質が説明できる。
・土圧の原理が説明できる。
・地盤調査の種類およびその原理が説明できる。
・地盤の液状化のメカニズムが説明できる。
・地盤の支持力が計算できる。
・地盤沈下の原理が説明できる。
・杭の種類と支持力が説明できる。
・擁壁の安定計算ができる。
・地盤改良の」原理が説明できる。
・山留め壁の種類が説明できる。
授業計画 1.地形と土質
2.土の物理的性質
3.土の力学的性質
4.全応力と有効応力
5.土圧
6.地盤調査
7.液状化
8.地盤支持力
9.圧密沈下
10.杭の種類
11.杭の支持力
12.擁壁
13.地盤改良
14.山留め工事
15.到達度の確認とまとめ
履修上の注意 建築構造Ⅰ~Ⅲを履修しておくことが望ましい。
準備学習(予習,復習について) ・予習として、講義に関連して本学図書館で各回の授業の内容をまとめること。
・復習は、毎回2時間程度かけて、自分の講義ノートを整理し自習すること。
・各回の準備学習の具体的内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。

成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
全体を100点として評価する。
(1)小テスト(4点×14回=56点)
(2)定期試験(44点)
(3)出席が2/3に満たない場合は、成績評価を行わない。
【試験方法】
小テスト:授業の終わりに毎回実施する。
定期試験:小テストをまとめた類似問題、教科書と関数電卓は持ち込み可とする。
教科書等 教科書:藤井衛著「建築技術者が知りたいBuilding Foundation」(東海大学出版会)、定価2000円+税
(※学内限定となります。)