科目名 建築構造設計I(Structural Design I)
担当教員 松井 正宏、阿部 透
単位数 3
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 建築構造 Iで履修した鉄筋コンクリート構造の設計手法を運用して、構造計算書作成、構造図作図の一連の作業を経験し、鉄筋コンクリートの構造設計について理解を深める。課題は実在する5階建て複合用途建築物であり、その意匠図、構造図を参照しながら、主要な部分の構造設計を体験する。


<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 建築構造Iで学習した鉄筋コンクリート構造の設計理論を,実際の建物の部材に適用することができる。意匠図と構造図の関係を理解し,構造部材を図面上に表現できる。
授業計画 1. 対象建物の概要と構造設計の手順
2. 仮定荷重(床荷重、部材荷重)の算定
3. 二次部材の設計(床、階段、小梁)
4. 剛比の算定、荷重項の算定
5. 軸組図の作成
6. 長期荷重時応力算定、横力分布係数の算定
7. 柱軸力の算定
8. 地震時荷重の算定
9. 伏図の作成
10. 地震層せん断力の算定、地震時応力算定
11. 壁量算定、剛性率と偏心率の算定
12. 大ばり、柱の断面設計
13. 耐震壁、基礎の断面設計
14. 架構配筋詳細図の作成
15. 断面リスト(梁、柱、基礎梁)の作成
履修上の注意 必須条件ではないが、建築構造力学II、建築構造Iの履修が望ましい。
準備学習(予習,復習について) 建築構造力学IA,IB,II,建築構造Iで学んだ当該部分を予習する。
授業の課題を整理し復習する。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 各自が作成した課題建物の構造計算書と構造図により、単位を認定する。
試験は行わない。
教科書等 教科書
・RC規準による鉄筋コンクリートの構造設計 佐藤 荒木 森村 共著 鹿島出版会 2940円

参考書
・鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説 許容応力度設計法 日本建築学会 5880円
・2007年版 建築物の構造関係技術基準解説書 日本建築センター 9000円
・建築構造学4 鉄筋コンクリート構造 松井 望月 藤本 著 鹿島出版会 2100円
(※学内限定となります。)