科目名 建築構造設計II(Structural Design II)
担当教員 向 秀元、吉田 昭仁
単位数 3
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 実務の最新情報をまじえながら,鋼構造建築物の構造設計法を指導する。課題を与えて,応力解析,断面算定から構造図の作成までの作業を修得させる。3年次の建築構造Ⅱ,建築構造演習Ⅱの授業のノート,およびそこで配布した資料も用いる。鋼構造の構造設計の全体の流れを把握し,各要素の設計から全体設計へまとめる方法と技術,必要図面の作成方法等を習得し,鋼構造の構造設計を遂行するための基本技術を身につけることを目標とする。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 ・鋼構造設計全体の流れを説明できる。
・架構のモデル化や仮定断面の見積もりの手法を用いて建物の仮定断面を作成できる。
・実架構を対象とした外力評価の手順を理解し,架構に生ずる外力を算定できる。
・実架構を対象とした部材応力算定手法を理解し,部材に生ずる応力を求めることができる。
・各部材の断面算定手法を理解し、各部材の断面算定を行うことできる。
・鋼構造図面が理解できる能力,作成する能力を身につけることができる。
・実務レベルでの鋼構造設計の全体フローを理解し,鋼構造の構造設計を行うことができる。
授業計画 1. スケジュール,設計例の概要説明
2. 架構のモデル化,仮定荷重の算定
3. 剛比の算出、柱軸力の算定
4. 地震力の算定,風荷重の算定
5. 梁のC,Mo,Qの算定
6. 鉛直荷重時応力の計算
7. 地震時応力の計算
8. 小梁,ブレースの設計
9. 大梁の設計
10. 柱の設計
11. 2次設計,電算結果との比較
12. 伏図の作成
13. 軸組図の作成
14. 断面リストの作成
15. 鋼構造設計のまとめと全体講評
履修上の注意 3年次の建築構造Ⅱ,建築構造演習Ⅱの授業を履修していることを前提とする。これらのノートやテキストの携行が望ましい。
準備学習(予習,復習について) 建築構造IIおよび同演習の復習をやっておくこと。毎回の講義内容および計算過程は各自で復習(90分程度)すること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 設計実習時の取組方や努力の総合評価40%,提出された計算書および図面の評価60%で評価する。提出された計算書および図面は採点後にフィードバックする。
教科書等 参考書 「鋼構造設計規準」日本建築学会編 丸善
建築構造Ⅱ配付資料
(※学内限定となります。)