科目名 建築材料II(Building Materials II)
担当教員 陣内 浩
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 建築材料では建物を設計・施工する上で必要な材料に関する知識を習得することを目的としている。建築材料Iで習得した基本的な材料の種類と性質についての知識をふまえ、材料の選定と使い方について講義し、適切な材料の選定ができるようにする。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf
到達目標 ・基本的なコンクリートの調合計画ができる。
・レディーミクストコンクリートの発注ができる。
・構造材料のための鋼材・木材の基本的な選定ができる。
・各種仕上げ材料の基本的な選定ができる。
授業計画 (1)セメントの組成化合物の種類と性質
(2)骨材の品質と評価方法
(3)混和材料の種類と利用法
(4)コンクリートの調合設計
(5)レディーミクストコンクリートの基本
(6)各種コンクリートの種類と使い方
(7)鉄鋼材料・金属材料の選定と利用
(8)一般事項と構造材料に関するまとめ(小テスト実施)
(9)木材・木質材料の選定と利用
(10)木材利用の実務(授業内課題提出)
(11)石材およびガラスの選定と利用
(12)外装・屋根材料の種類と使い方
(13)床材・壁材の種類と使い方
(14)防水材料・接着剤の種類と使い方
(15)耐火・断熱・音響材料の選定と利用
履修上の注意 教科書の内容をパワーポイントのスライドや映像で補足しながら説明を行うため、授業に出席することが大切である。
準備学習(予習,復習について) ・予習として建築材料Iで教科書にマーキングした部分などを見直しておくこと。
・復習は毎回2時間程度かけて、教科書にマーキングするなどして、知識をまとめておくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 全体を100点として評価する。
・小テスト(10点×1回)
・課題(10点×1回)
・定期試験(80点):教科書のみ持込み可
教科書等 教科書 ・「建築材料 第四版」橘高義典杉山央著市ヶ谷出版社 定価2835円
(※学内限定となります。)