科目名 建築施工I(Method and Planning of Building Construction I)
担当教員 陣内 浩
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 建築施工は、建物を建設する上で必要な知識を習得することを目的としている。建築施工Ⅰでは、まず建設活動の実際を概観し、施工計画、現場管理の方法や手法について学ぶ。つづいて地下工事における施工技術を説明する。さらに構造種別に躯体の構築方法の手順を説明する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf
到達目標 ・建築の地下工事に関する施工計画の基本が理解でき、説明できる。
・建築躯体工事としての鉄筋コンクリート工事、鉄骨工事の基本的な流れが理解でき、説明できる。
授業計画 (1)建築施工の基本(授業内課題提出)
(2)建築生産
(3)工事の発注と契約
(4)施工計画
(5)仮設工事
(6)現場の管理
(7)建築生産から現場管理までのまとめ(小テスト実施)
(8)地業工事
(9)土工事
(10)躯体工事(主な構法と躯体図)
(11)躯体工事(RC造・SRC造・PCa造の施工)
(12)鉄骨工事(工事の流れ・溶接)
(13)鉄骨工事(ボルト接合・耐火被覆)
(14)仕上げ工事の実務(授業内課題提出)
(15)仕上工事の種類と流れ
履修上の注意 教科書の内容をパワーポイントのスライドや映像で補足しながら説明を行うため、授業に出席することが大切である。
準備学習(予習,復習について) ・予習として教科書の次の授業内容の部分を読み、知識をまとめておくこと。
・復習は毎回2時間程度かけて、教科書にマーキングするなどして、知識をまとめておくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 全体を100点として評価する。
・課題(5点×2回)
・小テスト(10点×1回)
・定期試験(80点):教科書のみ持込み可
教科書等 教科書 ・「建築学テキスト 建築施工」青山良穂武田雄二著 学芸出版社 定価3360円
(※学内限定となります。)