科目名 知的財産論(Intellectual Property)
担当教員 前川 武之
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 4
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
本授業では、知的財産権全般の知識、研究開発活動と知的財産の関連、並びに知的財産権の取得・活用について理解を深めることで、自然科学系研究者としてのスキルアップを図る。
【授業の概要】
知的財産権に関する基本的な考え方や国内外の制度・法律、研究開発活動と知的財産との関連性、大学・企業における知的財産の活用事例等について講義し、特許(発明)アイデアの文章化や先行技術調査のケーススタディを実習する。また、知的財産を活用した標準化戦略、オープン・クローズド戦略、さらに、IoT、ビックデータ、人工知能(AI)で拡大するデータ利活用時の知的財産についても触れ、全ての人とモノがつながり新たな価値を生み出すSociety5.0社会において知的財産の果たす役割を理解する。
到達目標 ・知的財産権全般に関する基礎知識を説明できる。
・知的財産権の取得スキームや、研究開発活動における知的財産の重要性を説明でき、今後の研究活動に活用できる。
・IoT、ビックデータ、人工知能(AI)で拡大するデータ利活用時の知的財産について説明できる。
・Society5.0社会において知的財産の果たす役割を説明できる。
授業計画 1 知的財産の基礎【特許制度概要(1)】
2 特許となり得る発明【特許制度概要(2)】
3 研究開発における先行技術調査(演習)【研究活動と知的財産(1)】
4 特許マップを活用した技術動向調査(演習)【研究活動と知的財産(2)】
5 研究者の守秘義務と職務発明【研究活動と知的財産(3)】
6 コンピュータ・ソフトウェア関連発明と法的保護【特定領域分野と知的財産】
7 知的財産を活用した事業戦略【知的財産戦略(1)】
8 Society5.0社会における知的財産の役割【知的財産戦略(2)】
9 発明のアイデア抽出法(演習)【特許明細書の書き方(1)】
10 アイデアから特許へ(演習)【特許明細書の書き方(2)】
11 特許明細書とは(演習)【特許明細書の書き方(3)】
12 実用新案、意匠【その他の知的財産制度(1)】
13 商標、不正競争防止法【その他の知的財産制度(2)】
14 著作権法、独占禁止法 他【その他の知的財産制度(3)】
15 まとめと小テスト
履修上の注意 授業は、講義用レジュメを中心に講義形式とケーススタディの演習形式を併用して行う。ケーススタディでは演習を通じて各自レポート(5回程度実施)を作成する。
準備学習(予習,復習について) 予習:産業財産権標準テキスト等授業計画のテーマに関連した部分を予め読んでおく(2時間)。
復習:講義用レジュメを再読・整理し、内容を確認する(2時間)。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
(1) ケーススタディの課題レポートの提出(4回程度)およびその評価(75%)
(2) 最終授業内での小テスト:持込可(25%)
※課題レポートは評価し、最終授業までに返却します。出席が2/3に満たない場合には成績評価を行いません。なお、期末試験は行いません。
教科書等 講義用レジュメを配付する。
参考書:
 産業財産権標準テキスト(総合編) 発明推進協会 720円
 産業財産権標準テキスト(特許編) 発明推進協会 648円
 平成28年改正 知的財産権法文集 平成29年4月1日施行版  発明推進協会 2,400円
(※学内限定となります。)