科目名 教育心理学(Educational Psychology)
担当教員 佐藤 典子
単位数 2
授業区分 学部_必修(資格課程) 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
 教育心理学領域の基礎知識を身につけることを目的とする。
【授業概要】
 主に発達と学習の基礎理論を中心に講義を行う。
 教育評価や障害についての基礎知識の説明も行う。
 講義内容に即した演習も行う。
到達目標 ・教育心理学を学ぶ意義が説明できる。
・人間の心の発達(乳幼児期~青年期)の特徴の基礎が説明できる。
・学習の基礎理論について説明できる。
・教育評価の意義について説明できる。
・障害の基礎知識を身に付けた上で、教育の多様性について説明できる。
授業計画 1. 教育心理学を学ぶ意義
2. 発達の原理
3. 乳児期の発達
4. 幼児期の発達
5. 児童期の発達
6. 青年期の発達
7. 発達と教育
8. 学習の理論1(条件づけ)
9. 学習の理論2(認知説)
10. 学習と記憶
11. 動機づけ
12. 学力と知能/教育評価と測定
13. 学習指導法
14. 障害の理解と支援
15. まとめ
履修上の注意 ・教職科目であることに留意すること。
準備学習(予習,復習について) ・予習として、教科書の該当箇所について目を通しておくこと。
・復習として、教科書の基礎知識確認問題に答えること。授業で取り上げられた内容について各自でノートにまとめ、自習すること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
 全体を100点として、以下の配分で評価を行う。
(1) 授業内小課題(3点×14回=42点)
(2) 課題レポート(18点)
(3) 定期試験(40点)
【試験方法】
 小テスト:授業の最後にほぼ毎回実施する。
 定期試験:使用教科書の内容から出題。持ち込み不可。
【課題に対するフィードバック】
 授業内小課題は毎回の授業の最後に授業内容の理解度を確認するために実施し、次の回の最初に各自へのフィードバックを行う。
教科書等  教科書:柏崎秀子編著「教職ベーシック 発達・学習の心理学[改訂版]」(北樹出版)1900円+税
 別途、授業内配布資料あり。
(※学内限定となります。)