科目名 教育相談(Counselling)
担当教員 橋本 和幸
単位数 2
授業区分 学部_必修(資格課程) 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連  この授業では、教育相談について学習する。教育相談とは、狭義には学校や教育機関で行われるカウンセリングを指し、広義には学校に関する相談活動全般を指すものである。対象は、中学生・高校生とその保護者、及び教職員である。
 また、実施する者は、担任をはじめとする教員、養護教諭などの教職員、近年中学校を中心に配置がなされているスクールカウンセラー、さらに外部の教育機関の担当者などが考えられる。
 この授業では、教育相談の実際を講義することによって、学校での相談活動によって得られる援助を、対象者ごと及び全体から理解することを目的とする。
到達目標  受講生が、教育相談とは、『どこで』『誰が』『何を』『どのように』行うものかを理解し、他者に説明できる。
 受講生が、利用者(生徒・保護者・教職員)の立場から見た教育相談を理解し、他者に説明できる。
 受講生が、自分自身が教員として教育相談を行うことを想定できるようになる。
授業計画 第1回 教育相談とは
第2回 教育相談の対象とその背景
第3回 教育相談の基本的な進め方
第4回 学校内の教育相談体制
第5回 学校外の教育相談機関
第6回 心理面接
第7回 心理アセスメント
第8回 心理検査
第9回 いじめへの対応
第10回 不登校への対応①
第11回 不登校への対応②
第12回 発達障害への対応①
第13回 発達障害への対応②
第14回 精神疾患への対応
第15回 学校事件・事故への対応
定期試験
履修上の注意  特になし。
準備学習(予習,復習について)  学校臨床、スクールカウンセリング、教育相談などがタイトルに含まれる文献を一読するとよいでしょう。
 (文献は授業内でも紹介します)
 各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 試験70%、講義内課題30%とする。 
教科書等 「専門職のための臨床心理学基礎」(ムイスリ出版。ISBN:978-4-89641-241-3)を教科書として指定します。
(※学内限定となります。)