科目名 情報科指導法B(Teaching Information B)
担当教員 森棟 隆一
単位数 2
授業区分 学部_選択必修(資格課程) 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】 
情報科指導法Aでの学習を踏まえ、教科「情報」の実践的な授業計画構築、具体的な授業の実施ができるようにする。
【授業概要】
情報科指導法Aで身につけた、情報教育の理解、学習指導要領の理解、情報活用能力、情報科教師の在り方理解の上に、さらに広い視野に立った情報教育の理解と情報授業の実践的研究をする。議論と演習を多く取り入れた実践的学習とし、課題を毎回出す。オリジナル実習コンテンツの企画と実施を通して、年間授業の具体的な展開方法、学習指導案の作成、評価の方法、模擬授業の実施と分析、グループ学習についても、実践的に学ぶ。
到達目標 年間指導計画を意識し、1回1回の授業を論理的に構築できる。
学習指導要領の理念を達成できるよう、授業の目標設定ができる。
また目標を達成するための評価の観点について構成し、具体的な課題設定を明確にした学習指導案の作成ができる。
教育実習に備えた模擬授業の実践ができる。
授業計画 第1回:情報の授業設計と指導法(1):情報科教員としての課題意識の持ち方と授業課題の設定
第2回:情報の授業設計と指導法(2):学習指導案の意義と作成の方法
第3回:情報の授業設計と指導法(3):学習指導案の作成の実践と授業改善
第4回:情報の授業設計と指導法(4):教科横断的な課題の設定
第5回:情報の授業設計と指導法(5):教科横断的な課題を含む模擬授業の実践
第6回:情報の授業設計と指導法(6):発達段階を考慮した学校種を超えた連携の方法
第7回:学習指導案に基づく授業の具体化:模擬授業準備(1)学習指導案の完成
第8回:学習指導案に基づく授業の具体化:模擬授業準備(2)授業資料の作成
第9回:情報模擬授業の構築(1):模擬授業実践・評価と研究協議(授業環境に着目して)
第10回:情報模擬授業の構築(2):模擬授業実践・評価と研究協議(教具、教材の使い方に着目して)
第11回:情報模擬授業の構築(3):模擬授業実践・評価と研究協議(導入の方法に着目して)
第12回:情報模擬授業の構築(4):
    模擬授業実践・評価と研究協議(導入から展開への方法に着目して)
第13回:情報模擬授業の構築(5):
    模擬授業実践・評価と研究協議(授業のまとめ方に着目して)
第14回:情報模擬授業の構築(6):模擬授業実践・評価と研究協議(評価の方法に着目して)
第15回:高等学校での情報科の授業の実際:授業参観と研究協議
    または各県教科研究会情報部会への参加およびレポート
履修上の注意 同一年に情報科指導法AとBを履修し、情報科指導法Aを先に修得していることを前提とする。コンピュータ・ネットワークの活用ができること。学校教育、社会問題に興味関心を持っていること。 
準備学習(予習,復習について) 準備学習としては、高等学校学習指導要領の情報およびその解説を十分に理解して授業に臨むこと。2時間以上の授業にまたがった発表・実習が多く、他の受講者の発表を評価するなどがあるので、予習・復習を兼ねた課題提出と毎時間の出席が必要である。毎時提示する授業ファイルにある評価の観点により、自己評価をする。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価の方法】
1.毎回の授業で出す課題(課題発表2-3回、グループディスカッションおよび発表は毎回、模擬授業への改善提案)を3段階で評価する。
2.定期試験はせず、以上の課題で評価する。
3.毎回の授業で示す評価の観点で、自己評価をする。
【フィードバック】
担当教員まで問い合わせること。
教科書等 「高等学校学習指導要領解説 情報編」(文部科学省 定価:221円)
「情報 最新トピック集2017 高校版」(日本文教出版)
(※学内限定となります。)