科目名 修士論文
担当教員 陳 軍内田 孝幸東 吉彦久米 祐一郎佐藤 利文田村 徹徳山 喜政森山 剛豊田 光紀
単位数 0
授業区分 卒_論文 -
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 各研究指導教員の下で、研究成果を修士論文としてまとめる。

メディア工学関連の幅広い一般知識と深い専門知識・技術とを習得させる教育活動と、メディ工学分野における独創性の体得を基本理念としている。従って、研究指導教員のもとでの特別研究(修士論文)が、その中心的な位置付けとなる。 具体的な内容は各研究指導教員による。
到達目標 ・修士課程で行った研究・演習のまとめとして修士論文を完成し、学内審査会で発表することができる。
・望ましくは、学外の学会などで発表を行うことができる。



授業計画 指導教員のもとで、研究計画を立案し、具体的な方策を検討し、研究を進めていく。望ましくは、学外の学会などで発表を行う。研究内容は最終的に修士論文にまとめ、学内の修士論文審査会において発表する。
履修上の注意 各研究指導教員の指示に従うこと。
準備学習(予習,復習について) 各研究指導教員の指示による。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 合否のみを判定する。
修士論文および修士論文審査会での発表について、研究指導教員を含むメディア工学専攻の4名以上の教員により審査される(大学院学則第26条参照)。この審査で合否を決定する。
教科書等 各研究指導教員の指示による。
(※学内限定となります。)