科目名 ディジタル映像特論(Advanced Lecture on Digital Video)
担当教員 森山 剛
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業概要】
ディジタル映像とは、アナログ映像を離散化、もしくはディジタルカメラで撮影して得られる映像データである。近年、計算環境の進歩によって、映像の伝送から蓄積、加工、再生の全ての処理が、コンピュータで簡単に行えるようになってきた。
【授業の目的】
本講義では、プログラミングを含む演習を行うことによって、コンピュータを用いた映像のディジタル処理を理解、習得することを目的とする。 
到達目標 映像データのコンピュータ内部の表現、映像解析の方法を応用して、映像の特徴抽出、映像中の移動物体追跡に関して、高度なプログラムを作成して処理することができる。
授業計画 1. ディジタル映像とは
2. 映像のディジタル化
3. 映像のフィルタリング(二値化)
4. 映像のフィルタリング(エッジ抽出)
5. テンプレートマッチング(SSD)
6. テンプレートマッチング(相関)
7. テンプレートマッチング(正規化相関)
8. 物体認識(Haar-like特徴)
9. 物体認識(HoG)
10. 物体追跡(ブロックマッチング)
11. 物体追跡(オプティカルフロー)
12. 動画像符号化(DCT係数)
13. 動画像符号化(フレーム間差分)
14. 動画像符号化(ハフマン符号)
15. まとめ
履修上の注意 ・初回に必ず出席すること
準備学習(予習,復習について) 【予習について】
・フーリエ級数、シャノンの定理を含む信号理論について復習しておくこと。
・デジタル画像処理の基本について復習しておくこと。
【復習について】
・課題について学習しながら次の回までに毎回2時間程度をかけ、その回の講義内容を復習すること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
課題に対するレポート80%
授業への取り組み20%
で評価する。

【課題に対するフィードバック】
毎回、前回の課題の提出されたものに対してコメントを返します。
教科書等 適宜プリントを配布し参考書を示す
(※学内限定となります。)