科目名 画像デバイス特論A(Advanced Lecture on Image Devices A)
担当教員 佐藤 利文
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
画像の表示・記録、センサおよび照明などに用いられているデバイス(素子)について、これらのデバイスの物理的・電気的特性から、評価・解析法、応用までの専門知識を身につけることを目的とする。
【授業の概要】
画像関連デバイスについて、関連する研究論文(和文・英文)を中心に講義あるいは輪講形式で授業を行う。特に、ディスプレイや照明に使われる材料、およびデバイスプロセスについて、基礎から応用までを解説する。
到達目標 画像デバイスについて、学術的、技術的な議論ができる。
プリンテッドエレクトロニクスについて、学術的、技術的な議論ができる。
画像デバイス作製プロセスについて、学術的、技術的な議論ができる。
授業計画 1.FPDディスプレイ
2.自発光ディスプレイ
3.非発光ディスプレイ
4.ディスプレイにおける材料
5.ディスプレイ用半導体材料
6.ディスプレイ用絶縁材料
7.ディスプレイ用金属材料
8.ディスプレイデバイスプロセス
9.電子デバイスと薄膜
10.PVD薄膜プロセス
11.CVD薄膜プロセス
12.薄膜の評価解析技術
13.薄膜と厚膜
14.プリンテッドエレクトロニクス
15.プリンテッドエレクトロニクスの応用
履修上の注意 特になし
準備学習(予習,復習について) 配布する資料を読んでおくこと。その他、必要に応じて授業中に指示する。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 講義中のプレゼンテーション、レポートに対して、要点や修正点を指摘して、適切にフィードバックを行う。

課題のレポート(50%)ならびに課題のプレゼンテーション(50%)にて評価する。
教科書等 必要に応じてプリント資料を配布する。
(※学内限定となります。)