科目名 無機材料化学(Chemistry of Inorganic Materials)
担当教員 松本 里香
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 固体化学・無機材料・材料特性の分野を中心に取り上げる。解析方法、合成方法、特性、特性評価方法、最近注目される無機材料をテーマに、ゼミ形式で授業を進める。
到達目標 無機材料に関する専門書を読み(日本語および英語)、他人に説明できる程度まで、深く理解することを目標とする。
授業計画 1. ガイダンス / 無機化学とは
2. 結晶
3. 粉末X線回折法Ⅰ(概要)
4. 粉末X線回折法Ⅱ(利用)
5. 無機化合物の合成
6. 遷移金属酸化物
7. 無機化合物の電気特性
8. 無機化合物の熱特性
9. 無機化合物の磁気・光学特性
10. 無機化合物の物性測定法
11. 不定比化合物
12. 層状物質
13. 超伝導物質
14. ナノカーボン
15. まとめと学力考査
履修上の注意 一斉講義形式ではなく、ゼミ形式で行うので、十分な予習を行い、授業に積極的に参加すること。
準備学習(予習,復習について) (1) 予習
 事前に配布資料を読み、不明点を明らかにしておくこと。
(2) 復習
 レポートの提出義務の有無に関わらず、授業内容をまとめておくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業中の発表内容、質疑応答およびレポート等により総合的に評価する。
これらの評価については、随時、通達する。
教科書等 授業中に資料を配布する。
(※学内限定となります。)