科目名 電解合成化学特論(Advanced Lecture on Electrochemical Synthesis)
担当教員 岡野 光俊
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
電子の動きにより反応を起こす化学であるところの電解合成化学について深く理解することを目的とする。
【授業概要】
電解の対象としては、有機化合物と無機化合物の両方を対象とするが、主に有機化合物について詳しく学ぶ。合成のみでなく、分析方法として最も重要であるサイクリックボルタモメトリーについても詳しく学ぶ。
到達目標 電気化学および電解合成に関係する事項を解釈できる。サイクリックボルタモメトリーについて深く読み解くことができる。電解合成の特徴を説明することができる。関連の文献を読み解くことができる。
授業計画 1. 電気化学系の基本構成
2. 電極ー分子間の電子授受
3. 電極反応過程の詳細
4. ネルンストの式
5. 過電圧
6. 有機化合物の電解合成化学(電解酸化)
7. 有機化合物の電解合成化学(電解還元)
8. 無機化合物の電解合成化学
9. 電解合成化学上の様々な工夫
10. 電気化学分析総論
11. サイクリックボルタンメトリーの詳細
12. 文献を利用した学習(電解合成分野)
13. 文献を利用した学習(電気化学分析分野)
14. 最近のトピックスに関する学習
15. まとめと到達度の確認
履修上の注意 有機化学および電気化学に興味のない学生は履修しないこと。途中で、文献調査の課題が出題される予定。
準備学習(予習,復習について) 予習は授業の都度指示する。復習はノートによるのが効率が高いので、授業中にしっかりとノートをとること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業中にほぼ毎回行う小課題および小テストにより評価する。小テストについては、実施後、正答について解説する。
教科書等 プリントを配布する。
(※学内限定となります。)