科目名 高分子材料化学(Chemistry of Polymeric Materials)
担当教員 松本 利彦
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 学部3年次の“高分子化学”の内容を材料という視点からより専門的に講述する。
到達目標 高分子の特徴、低分子化合物との違いについて説明ができる。高分子の合成法、構造、および物性について説明ができる。
授業計画 1. 高分子の特徴
2. 高分子科学の歴史
3. 高分子の一次構造
4. 分岐構造と網目構造
5. 高分子の分子量
6. 高分子生成の基本様式
7. 逐次的重合反応:重縮合
8. 逐次的重合反応:重付加、付加縮合
9. 連鎖的重合反応:ラジカル重合
10. 連鎖的重合反応:イオン重合
11. 重合反応の制御:リビング重合
12. 線状高分子の一次構造制御
13. 非線状高分子の一次構造制御
14. 非共有結合性高分子
15. 動的共有結合反応を用いた高分子合成
履修上の注意 学部講義科目「高分子化学」を履修・単位取得していることが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 配布プリントには講義の要点がまとめられているので必ず30分間程度ずつ予習と復習をすること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 全体を100点として評価する。課題レポート(40点)、期末試験(60点)。
教科書等 教科書:「基礎高分子科学」高分子学会編、東京化学同人、定価4300円
(※学内限定となります。)