科目名 CG情報特論(Advanced Lecture on Computer Graphics Information)
担当教員 徳山 喜政
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 「授業の目的」
コンピュータグラフィックスは、ゲーム・映像制作分野のみならず、他の分野でも広く活用されつつある。本講義では、3次元CG情報の効率的な生成方法、CGデータの軽量化、リアルタイムレンダリングの手法などの習得を目的とする。

「授業の概要」
各種の細分割曲面の理論や近似変換の方法等を学んだ上、シェーダプログラミングの演習を行う。
到達目標 ・ 細分割曲面の原理について説明できる。
・ データの軽量化方法について説明できる。
・ GPUの技法について説明できる。
授業計画 1.ガイダンス
2.細分割曲面
3.Catmull-Clark 細分割曲面
4.Loop細分割曲面
5.Bezier曲面
6.NURBS曲面
7.Gregory Patch
8.曲線の近似変換
9.曲面の近似変換
10.XVLによるデータ軽量化
11.リアルタイムレンダリング
12.シェーダ言語
13.OpenGLプログラミング
14.GLSLプログラミング
15.まとめ
履修上の注意 コンピュータグラフィックス関連の授業を履修していることが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 事前に行列、ベクトルに関する数学を復習する必要がある。


*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
課題(50%)とレポート(50%)を総合して評価する。
出席が2/3 に満たない場合は,成績評価を行わない。
【課題に対するフィードバック】
課題を回収したら、ただちに模範解答を解説する。 
教科書等 プリントを配布する。
(※学内限定となります。)