科目名 高精細画像特論(Advanced Lecture on Fine Imaging)
担当教員 豊田 光紀
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 高精細画像形成および高精細画像取得における超解像技術について詳述する。
到達目標 光学系の結像理論の基本および、超解像技術の基本をマスターすること。 
授業計画 1. 波動の表記法
2. 回折積分と点像分布
3. キルヒホッフの回折積分とスカラー結像理論
4. アッベの結像理論と正弦条件
5. コヒーレント結像
6. 部分コヒーレント結像
7. van Cittert-Zernikeの定理
8. インコヒーレント結像
9. 臨界照明とケーラー照明
10. 照明のアイソプラナチック条件
11. 光源のコヒーレンス
12. 結像におけるフレネル数の影響
13. 実効的点像分布関数による結像の表現
14. 走査型結像光学系
15. 像のサンプリング
履修上の注意 特になし
準備学習(予習,復習について) 予習:次回の範囲は指示するので、対応箇所に必ず目を通しておくこと。
復習:原則は毎回宿題を課すので、次回までに提出する事。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業中の質疑応答およびレポートにより評価
教科書等 配布プリント、及び「回折と結像の光学」(渋谷、大木著)(朝倉、2005) 
(※学内限定となります。)