科目名 レーザーメディア工学特論(Advanced Lecture on Laser Media Engineering)
担当教員 陳 軍
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 光と電子の融合技術の象徴であるレーザーは,情報の記録,伝送,加工,表示のメディアとしてますます重要になってきている。本講義では,まず情報メディアシステムにおけるレーザーの応用を念頭に,レーザーの原理,構造を解説する。それから,指向性や干渉性,周波数安定化,及び周波数・振幅変調特性など情報メディアとして重要な特性を検討し,解説する。そして,メディアシステムにおけるレーザーの応用として,光通信,光記録,リアルタイムホログラフィー,レーザーディスプレイなどを取り上げる。 
到達目標 (1) コヒーレンスや集光性などのレーザー光を性質を理解し、説明できる。
(2) 画像やメディア情報機器におけるレーザーの応用を理解し、説明できる。
授業計画 1.レーザーメディアの概要
2.光の吸収と発光のメカニズム
3.レーザー発振の原理と構造
4.レーザー光の性質
5.レーザーの実際(1)ガスレーザーの原理と構造
6.レーザーの実際(2)固体レーザーの原理と構造
7.光制御素子の原理と構造
8.レーザーディスプレイの原理と構造
9.半導体レーザーと光通信
10.バーコード読み取りシステム
11.レーザービームプリンター
12.レーザービーム印刷製版
13.光ディスクの原理と構造
14.ホログラフィとホログラフィックメモリ
15.レーザー技術の最新動向 
履修上の注意 ・基礎科目として、「波動光学」、[レーザ応用工学」、「光エレクトロニクス特論」を履修し、単位を取得済みであること。 
準備学習(予習,復習について) 予習としては取り上げる項目について調査し、要点や疑問をノートにまとめてください。また、予め指定したテーマについて、プレゼンテーションの機会を設けるので、この際は特に、予習、準備をしておくこと。  
また、講義した内容に準じて、レポートを課す。
準備学習は90分を目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価方法】
全体を100点で評価する。
授業中に出されたテーマ課題に対するプレゼンテーションの評価とレポート課題の提出による
プレゼンテーション:50点
レポート課題:50点

【課題に対するフィードバック】
プレゼンテーションについては、終了後にコメントする。
レポート課題については、メールでコメントを返す。
教科書等 プリント配布 
(※学内限定となります。)