科目名 画像デバイス特論B(Advanced Lecture on Image Devices B)
担当教員 佐藤 利文
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
画像情報システムの中で画像の入力・出力システム,画像処理システムを構成する基本要素として多く用いられている半導体デバイスにつぃて、高度な知識と応用力を身につけることを目的とする。
【授業の概要】
本講義では,ディスプレイなどの画像出力システムに用いられる半導体デバイスに焦点をあて,LCD,FED,EL素子をはじめとする半導体デバイスの基本を概観するとともに,素子の作製法,高速化,低消費電力化,高信頼化の手法について講義する。
到達目標 画像デバイスについて、学術的、技術的な議論ができる。
授業計画 1.画像表示システムと半導体デバイス
2.薄型ディスプレイ概要
3.液晶ディスプレイの基礎
4.液晶ディスプレイ用poly-Si TFT
5.次世代ディスプレイデバイス
6.FEDの基礎
7.FED用電子放出デバイス
8.ELの基礎
9.ELデバイス
10.有機
11.無機EL
12.分散型EL
13.薄型ディスプレイの将来展望
14.エレクトロニクスと印刷技術
15.プリンテッドエレクトロニクス
履修上の注意 特になし
準備学習(予習,復習について) 講義内容に関する配布文献(和文・英文)を事前に読んでおくこと。その他、必要に応じて授業中に指示する。
準備学習は90分を目安とする。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 講義中のプレゼンテーション、レポートに対して、要点や修正点を指摘して、適切にフィードバックを行う。

課題のレポート(50%)ならびに課題のプレゼンテーション(50%)にて評価する。
教科書等 必要に応じてプリント資料を配布する。
(※学内限定となります。)