科目名 メディア工学特別輪講(Reading of Special Issue on Media Engineering)
担当教員 陳 軍内田 孝幸久米 祐一郎佐藤 利文田村 徹徳山 喜政豊田 光紀
単位数 2
授業区分 院_必修 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 専門分野の研究に必要な先端の知識を習得する。また,研究を遂行するに必要な,考察力,洞察力,分析力などの能力を向上させる。このために,各研究指導教員のもと,適切な学術論文あるいは教科書を選んで輪講する。
到達目標 ・研究に必要な専門分野の先端技術に関する知識を習得し、自ら研究を推進することができる。
・研究を遂行するのに必要となる、考察、洞察、分析ができる。
授業計画 研究指導教員と協議して受講計画を作成する。担当文献の内容を十分理解し,自らの言葉で発表を行う。質疑応答により,より深く理解する。
履修上の注意 各研究指導教員の指示に従うこと。
準備学習(予習,復習について) 各研究指導教員の指示に従うこと。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
総点を100点として評価する。発表及び質疑応答の内容を評価する。
【課題に対するフィードバック】
課題を回収したら、ただちに模範解答を解説する。 
教科書等 各研究指導教員の指示による。
(※学内限定となります。)