科目名 電子化学特論(Advanced Lecture on Electrochemistry)
担当教員 岡野 光俊
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
電子化学の分野のおおよそを深く理解し、この分野において研究を行うことのできる力をつけるための基礎を築くことを目的とする。
【授業概要】
電子化学の基礎に関する授業により、知識の確認再構築を行ったのち、最近の文献を題材としながら、電子化学の役割、可能性について学ぶ。最後に、電子化学の一分野であるところの有機電気化学の分野について、さらに深く学ぶ。
到達目標 電子の動きと化学反応との関係を説明することができる。化学その他の世界において電子化学が果たす役割について説明することができる。有機電気化学分野の文献を読み、解釈し、応用することができる。
授業計画 1. 電子化学の分野について
2. 電子化学の基礎総復習
3. 電子化学の基礎総演習
4. 電子化学が活躍する技術(合成)
5. 電子化学が活躍する技術(物質表面での現象)
6. 電子化学が活躍する技術(光が関わる分野)
7. 電子化学が活躍する技術(その他)
8. 前半の到達度の確認
9. 有機電気化学分野の概観
10. 有機電気化学分野のトピックス(合成)
11. 有機電気化学分野のトピックス(物質表面での現象)
12. 有機電気化学分野のトピックス(光が関わる分野)
13. 有機電気化学分野のトピックス(その他)
14. 総合的な復習と演習
15. まとめおよび到達度の確認
履修上の注意 有機化学および電気化学に興味のない学生は履修しないこと。
準備学習(予習,復習について) 配布されたプリントの次回予定分について、綿密な予習をすること。復習はノート等によること。多くの英語文献を読み理解する力が必要となるので、専門関係の英語力も向上するように学ぶこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業中におけるほぼ毎回行う小課題および小テストにより評価する。
教科書等 プリントを配布する。
(※学内限定となります。)