科目名 ソフトマテリアル化学特論II(Advanced Lecture on Chemistry of Soft Materials II)
担当教員 平岡 一幸
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 液晶や高分子などの有機材料を主な対象として,その構造や物性について述べる。特に,秩序パラメーター,対称性の破れ,スケーリングなどの概念に基づき考察を行い,その機能発現や工学的応用に対し根拠となる基本的事項について把握させる。
到達目標 ・当該分野に関する複数の学術雑誌掲載論文をまとめ、その分野の動向を説明できる。
授業計画 1. 序:ソフトな凝縮系の物理化学
2. 物質の構造と散乱
3. 熱力学と統計力学
4. 平均場理論
5. 場の理論,臨界現象
6. 弾性論の一般化
7. ダイナミックス:相関と応答
8.流体力学
9. トポロジカルな欠陥
10.分域壁・キンク・ソリトン
11.最近のトピックス(非平衡系のソフトマテリアル)
12.最近のトピックス(生命とソフトマテリアル)
13.最近のトピックス(液晶エラストマー)
14.学会の動向
15.課題についての説明
履修上の注意 ソフトマテリアル特論を履修していることが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 授業の都度指示する。


*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 期末に与えた課題についてレポートを提出100%
教科書等 参考書:チェイキン&ルベンスキー 「現代の凝縮系物理学(上)」吉岡書店(6600円+税)
キッテル 「固体物理学入門(上)」丸善(3400円+税)
(※学内限定となります。)