科目名 高分子機能化学特論II(Advanced Lecture on Polymer Chemistry II)
担当教員 比江島 俊浩
単位数 2
授業区分 院_選択 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 本講義では、高分子溶液のスケーリング則や高分子濃厚溶液の非線形粘弾性など高分子の化学構造に因らないユニバーサル(普遍的)な特性として統計熱力学的な取り扱い方を解説する。
到達目標 高分子鎖の両末端間距離と回転半径を計算できる。
高分子鎖の数平均分子量と重量平均分子量を計算で求めることができる。
高分子溶液のスケーリング則について説明できる。
高分子液体の非線形粘弾性について説明できる。
授業計画 1. 高分子のコンフィギュレーションとコンホメーション
2. 高分子の内部座標
3. 粗視化した鎖のモデル
4. 高分子構造の階層性
5. 高分子の凝集状態
6. 分子内相互作用と理想鎖
7. ガウス鎖の性質
8. 内部回転ポテンシャルの影響
9. 排除体積効果
10. スケーリング則とブロブモデル
11. 高分子溶液の特徴
12. 蒸気圧と浸透圧
13. 高分子溶液の相平衡
14. 高分子溶液の格子理論
15. 高分子溶液のスケーリング則
履修上の注意 高分子鎖の統計熱力学を理解するためには、数学的な展開の理解を避けて通ることはできない。授業の内容を理解するためにも、統計熱力学に関する勉強とあわせて実施することが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 高分子鎖の統計的な性質を理解するためには、統計熱力学の理解を避けて通ることはできない。一度に全てを理解することとは決して容易なことではないので、授業の予習よりはむしろ復習に力を入れて自らの手で数式の展開を行なうよう努力してほしい。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 成績は、授業の出席状況とレポート(30%)及び授業最終日の研究発表の内容(70%)から評価する。
教科書等 参考書として
1)田中文彦著「高分子の物理学」裳華房(2,200円)
2)松下裕秀著「高分子化学II 物性」丸善株式会社(2,800円)
(※学内限定となります。)