科目名 工業化学特別輪講(Seminars on Selected Topics)
担当教員 比江島 俊浩高橋 圭子岡野 光俊平岡 一幸山田 勝実南部 典稔八代 盛夫大嶋 正人松本 里香
単位数 4
授業区分 院_必修 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期~後期
授業概要・学習成果との関連 学外で活躍している研究者技術者の研究にじかに触れ、広い範囲の最新の化学研究にふれ、質疑応答する技術を身に付けることを目的としている。化学や化学工業に関連した分野で活躍している学外の方を講師として招聘し、当該分野についての講義を受ける。 広範にわたる内容になるよう、各回ごとに分野の異なる方が担当するオムニバス形式で行われる。
到達目標 学外で活躍している研究者技術者の研究にじかに触れ、広い範囲の最新の化学研究にふれ、質疑応答する技術を身に付ける。
授業計画 年間、8回から10回程度、その分野で活躍されている研究者を招いて講義をしていただく。
講義の日時、題目は掲示板に掲示する。
履修上の注意 講師の都合により、講義が時間割とは異なる曜日、時限に行われる場合がある。
掲示板を見て実施日時の確認を怠らないようにすること。
2年間で16回(コマ)以上の出席が必要であり、コマ数管理は各自で行うこと。
準備学習(予習,復習について) 個々の授業で、必要に応じて指示する。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 毎回の講義で提出を求められるミニレポートにより評価する。 2年間で16回(コマ)以上の出席が必要である。
教科書等 特になし。当日資料が配布される場合があります。
(※学内限定となります。)