新型コロナウイルス感染症への対応

2020.11.26新型コロナウイルス感染症への本学の対応について【2020年11月26日更新】

このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大をうけ、以下のとおり対応します。

学長メッセージ

◆後期授業開始にあたって 学生及び保護者の皆様へ(9月18日更新)

 いよいよ9月19日(土)より後期授業が始まります。後期の授業運営につきましては、「2020年度後期の授業運営方針について」(7月29日付)の学長メッセージで既にお知らせしましたとおりですが、本学における新型コロナウイルス感染症拡大防止と学生の皆さんの学修機会の確保への取り組みについて、あらためてお知らせいたします。

 本学では、前期開始後の6月以降、遠隔授業では十分な教育効果が得られない一部の授業科目に関しましては、できる限りの感染防止対策を講じた上で、いち早くキャンパスにおける面接授業を再開してまいりました。しかしそれでも、学生の皆さんが、自由にキャンパスに集い、授業以外の課外活動も含めて、活気ある学生生活を過ごしていただくことはできず、それに対して学生や保護者の皆様からは多くのご意見とご要望が寄せられました。本学といたしましては、皆様の声を真摯に受け止め、教職員一丸となって、今後の教育環境の改善と学生生活の充実に全力で取り組んでまいります。

 後期授業につきましては、遠隔授業を中心としながらも面接授業を併用し、必要な研究・制作活動につきましても、万全の感染防止対策を講じて、より多くの学修の機会をキャンパスにおいて提供できるよう進めてまいります。また遠隔授業につきましては、前期に実施した授業アンケートなどの結果を踏まえ、課題を抽出しながら、さらなる教育の改善を目指すとともに、諸般の事情により通学できない、あるいは通学を控えたい学生の皆さんへのフォローも続けてまいります。

 さらにキャンパスにおける施設利用などにつきましても、一定の条件の下で段階的に緩和していく方向で準備を進めております。それと同時に、図書館における宅配便利用による図書の貸出や、PC演習室への学外からのリモートアクセスを可能にするシステムの構築など、学生の皆さんの学修の利便性を高める施策も順次実現してまいります。

 その他に授業以外でも、学生同士や教員とのコミュニケーションを促進する取り組みを実施するなど、学生生活や就職活動の支援を引き続き強化してまいります。

 新型コロナウイルス感染症と向き合う社会状況の中で、本学といたしましても、学生の皆さんが少しでも充実した学生生活を実現できるよう最大限の配慮と努力をしてまいりますが、そのためには学生の皆さん一人一人の協力も必要です。キャンパス登校時のマスク着用や手洗いなど感染予防の徹底だけでなく、学外においても十分に注意して行動していただくようあらためてお願いいたします。

 またこのような状況下では、大きな不安やストレスを抱えている学生も多くいることと思います。皆さんの様々な悩みや問題に対しては、引き続き教職員がサポートしてまいりますので、いつでも遠慮なく大学へご相談ください。

 新型コロナウイルス感染症につきましては、今後も長期的な対応を求められる可能性もあります。しかし、どのような状況にあっても、学生と保護者の皆様の健康と安全を最優先に考えながら、常に新しい創意と工夫を持って教育の質の向上と学生生活の充実を図ることに取り組み、同時に大学の社会的な責務を果たせるよう努めてまいりますので、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

 最後になりましたが、一刻も早いコロナウイルス感染症の終息と皆様のご健康を改めてお祈り申し上げます。

学長 吉野 弘章

今後の詳細なお知らせは、引き続きコウゲイ.netなどでお伝えしてまいります。

行事について