卒業後の進路 アニメーション学科

将来の可能性

卒業後の主な職業

監督 Director

アニメーション制作で作品全体の構想を描き、制作現場を統括して全体の作品内容とクオリティの全責任を担う役割の人です。シナリオは脚本家が書く場合、共同執筆する場合、監督自身が書く場合があり、監督はシナリオに基づいて作品内容の設計図である絵コンテをまとめます。分業制で制作を行う商業アニメーションでは、監督はその各役割の制作過程でチェックを行い指示・指導しながら作品を完成させます。作品の方向性、理念、テーマなどを的確に伝える必要があるため論理的な思考とコミュニケーション能力が求められます。

アニメーター Animator

アニメーションの動き、芝居を創作する役割を担います。動きのポイントになる絵を描く「原画」と、原画の指示に基づき動きの間の中割りという絵を描く「動画」という仕事があり、そのキャリアを経て絵や動きを統括する作画監督になる人がいます。キャラクターや様々なデザイン・画面設定をする役割を担う場合もあります。最近では紙ではなくコンピュータを使って描く「デジタル作画」と呼ばれる手法が取り入れられるようになりました。画力はもちろんですが動きを作るために必要な観察力や表現力が求められます。

3DCGクリエイター 3DCG Creator

主に3DCGソフトを使ってアニメーションを作り出します。コンピュータソフト上でモデリングされたキャラクターや背景などのオブジェクトを配置し、カメラ、照明、質感を設定し、カメラワークや動きをつけるなどの工程を経て制作されます。3DCG上で全ての映像を完成させることが可能なのはいうまでもありませんが、2Dの絵と組み合わせる素材を作成するなど様々な使い方があります。近年のアニメーション制作では3DCGアニメーションの需要が増加しています。ソフトの操作スキルとともに、立体造形力、観察力、画面の構成力、アニメーションの動きの理解など総合的な表現力が必要とされます。

美術背景 Background Artist

アニメーションの背景の絵を描く仕事です。美術背景は作品の世界観を決定づける重要な役割を担っています。背景のキャリアを積んで美術監督になる人もいます。美術監督は監督の意図を汲み作品全体の美術世界の構想を立て、詳細な設定を作成し美術背景作業者に指示を与え、作品の美術世界に責任をもちます。近年では紙には描かず直接デジタルソフトで描く手法が採用される場合が増加しています。世界観を的確に表現するためには絵を描く基礎的な画力、表現力が求められます。

撮影 Compositer

アニメーション制作がデジタル化される前は映画フイルムで画面を1コマ1コマ撮影していました。また撮影時やフイルムに画像が光学的に定着される現像の際、特殊効果(エフェクト)を加える場合もありました。現在、アニメーション制作工程の多くがデジタル化され、この工程はコンピュータソフトウェアを使って行われています。つまり撮影とは、キャラクター、美術背景など画面を構成する素材をソフト上で合成し、特殊効果や加工を加えて最終画面を作り上げる仕事を指します。デジタル作業ではありますが、写真・カメラ・撮影の知識や絵作りのセンスが求められます。

プロダクションマネージャー(制作進行) Production Manager

アニメーション作品の制作工程を管理し、分業化された各役割のスタッフ間を繋ぎ完成へと導く役割を担います。制作工程すべての内容や予算、スタッフ構成を把握し適正な作業量や進行スケジュールを管理・調整する重要な仕事です。作品を完成させるための管理能力と調整力、行動力が求められます。キャリアを積んでプロデューサーとなったり、監督へ転身していく人もいます。

アニメーション作家 Animation Artist

自らのテーマを追求しながら主に短編アニメーションを制作発表している個人やグループを指します。周辺領域であるマンガやイラストレーションなどの創作も含めた活動を行なっている人も少なくありません。国内外のアニメーション・映像フェスティバルに出品したり、ウェブサイトやSNS等を利用して作品を発表・発信しながら、求められるアニメーション、マンガ、イラストレーション、CG等を制作する仕事を請け負ったり、作品がプロデュースされ配給・公開・ソフト化される場合もあります。自分の作りたいものがしっかりとあり、アーティストとしての自覚と行動力が求められます。

就職実績、取得できる資格・スキル

アニメーション学科について