卒業後の進路 デザイン学科

将来の可能性

卒業後の主な職業

グラフィックデザイナー Graphic Designer

パンフレットやポスター、カタログなどのデザインをする仕事です。クライアントの意向を汲み取り、情報を効果的に伝える紙面構成を考え、コピーライターやカメラマン、イラストレーターなどと協力して仕事を進めます。デザイン力や発想力、コピーやカメラの知識、コンサルティング能力などが求められます。

エディトリアルデザイナー Editorial Designer

書籍や雑誌のデザインをする仕事です。編集者との打合せをもとに、ターゲットとなる読者層を把握した上で、デザインの方向性を決定します。デザインやレイアウトの技術、発想力はもちろん、出版や印刷、製版の知識、様々なスタッフと協力して制作するためのコミュニケーション能力が求められます。

イラストレーター Illustrator

ポスターやウェブ、本・雑誌などに使用するイラストを描く仕事です。広告制作会社や出版社などクライアントの依頼に応じて、広告や文章の訴求力を高めるイラストを提供します。構成力や色彩感覚、発想力はもちろんのこと、クライアントの意図を読み取る理解力や商品知識なども求められます。

CGデザイナー CG Designer

CG(コンピュータグラフィックス)画像を作り出す仕事です。近年は、平面的な2DCGだけでなく立体的な3DCGの需要が増加しており、細かい動きや色彩、奥行きの表現など、より高度な技術が必要になってきています。デザインセンス、コンピュータの操作技術、論理的思考力などが求められます。

Webデザイナー Web Designer

Webサイトをデザインする仕事です。見た目のデザインだけではなく、クライアントが伝えたい情報などを効果的に訴求するためのページ構成やSEO対策なども考えます。新しいデザインを生み出す発想力・展開力のほか、企画・設計能力、プログラムやWeb全般に関する幅広い知識などが求められます。

映像デザイナー Video Designer

テレビや映画、ドラマ、CM、ビデオクリップ、ゲームのオープニングムービーなど、幅広いメディアで映像作品を制作する仕事です。フィルムやアニメーション、CGなどを駆使して芸術的な映像を制作します。創造力・表現力はもちろん、映像に関するあらゆる技術・知識などが求められます。

プロダクトデザイナー Product Designer

様々なモノ(自動車、家具、おもちゃ、他)をデザインする仕事です。機能性から「モノ」のカタチを決めるだけでなく、使って楽しいなどの心理的要因や、「ヒト」と「モノ」との間に生まれる「コト」を具現化します。企画・発想力、造形力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などが求められます。

空間デザイナー Space Designer

室内、室外を問わず、空間やその要素に関わるデザインの仕事です。商業施設や広場の企画・設計など、空間として捉える観点は広く、手掛ける分野や活動は多岐にわたります。調査・分析力、企画・発想力、空間構築力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などが求められます。

その他

パッケージデザイナー、キャラクターデザイナー、ブランドデザイナー、サインデザイナー、インテリアデザイナー、エクステリアデザイナー、スペースデザイナー、ステージデザイナー、インターフェイスデザイナー など

就職実績、取得できる資格・スキル

デザイン学科について