卒業後の進路 インタラクティブメディア学科

将来の可能性

卒業後の主な職業

Webデザイナー Web Designer

Webサイトを制作する仕事です。見た目のデザインだけではなく、クライアントが伝えたい情報などを効果的に訴求するためのページ構成やSEO対策なども考えます。新しいデザインを生み出す発想力・展開力のほか、企画・設計能力、プログラムやWeb全般に関する幅広い知識などが求められます。

CGデザイナー CG Designer

CG(コンピュータグラフィックス)画像を作り出す仕事です。近年は、平面的な2DCGだけでなく立体的な3DCGの需要が増加しており、細かい動きや色彩、奥行きの表現など、より高度な技術が必要になってきています。デザインセンス、コンピュータの操作技術、論理的思考力などが求められます。

サウンドクリエーター Sound Creator

ゲームなどに使用されるBGM や効果音を作る仕事です。ゲームデザイナーやディレクターの意図を汲み取り、各シーンにあった曲を作り、効果音をプログラミングします。コンピュータを駆使してサウンドを生み出す技術はもちろん、時にはスタジオでのレコーディングなど音響関連の技術も求められます。

インタラクティブコンテンツクリエイター Interactive Contents Creator

携帯アプリやデジタルサイネージ、インターネット広告など、デジタルメディアを中心とした双方向性のコンテンツを制作する仕事です。インタラクティブなメディアならではの面白さ、便利さを形にします。企画力と発想力、プログラミング能力、コミュニケーション能力などが求められます。

メディアアーティスト Media Artist

電子技術や映像技術などを駆使した芸術作品を制作・発表する仕事です。アーティストとして活動するほか、作品が玩具やソフトウェアなどの形で商業化されることもあります。独自の作品を生み出す豊かな発想力とそれを形にする技術力、プレゼンテーション力などが求められます。

玩具デザイナー Toy Designer

大手メーカーや専門のデザイン会社に所属し、玩具やおもちゃのデザインする仕事です。子供向け以外のグッズ・トイ分野が拡大しており、特にユーザーの動作や音・光などに反応するインタラクティブな玩具デザインでの活躍が期待されます。企画力、発想力、造形力などが求められます。

就職実績、取得できる資格・スキル

インタラクティブメディア学科について