教員紹介 映像学科

西村 安弘 教授

担当科目
  • 映像学概論A
  • 映像制作Ⅲ
  • 映像メディア史A
  • 映像メディア史B
  • 演劇・芸能論
  • 卒業研究
  • 文献研究

メッセージ

大学は現場の経験主義の雛形ではなく、理論的なショートカットがあること。天才には必要のない映像教育も、普通の学生には有効であること。この二つの事を信じながら、日々の教育にあたっています。

プロフィール

1962 年東京巣鴨の生まれ。誕生日は三島由紀夫と同じ。中学時代は柔道部所属の体育会系でした。澁澤龍彦も通った高校に入った頃から、フィルムセンターと接近遭遇。日本のヌーヴェル・ヴァーグを志し、日本大学芸術学部映画学科で理論・評論を専攻。早稲田大学大学院文学研究科芸術学(演劇)専攻修士課程修了後、川崎市市民ミュージアムで映画担当学芸職員(嘱託)として勤務。映画理論とイタリア映画史が専門で、訳書に『アントニオーニ存在の証明』(フィルム・アート社)、著書に『フェリーニを読む』(共著・フィルムアート社)など。漫画の収集家としては、平凡な数ながら、約3,000 冊の蔵書があります。

大津 はつね 教授

担当科目
  • 映像制作Ⅰ
  • 映像制作Ⅲ
  • 身体映像論Ⅰ
  • 身体映像論Ⅱ
  • 身体表現演習A
  • 身体表現演習B
  • 映像表現特論演習Ⅱ
  • 卒業研究
関連サイト

メッセージ

作品制作するのに、様々なアイデアやイメージを頭の中で思考するだけではなく、実際に手を動かすこと、つまり身体を動かして行動を伴った考えを行うことが大切である。そうすることで、創作行為は試行錯誤と実験の連続であることを理解するようになるだろう。こうした経験を積み重ねることを指導の方針としている。

プロフィール

映像作家。70年代後半より、暗黒舞踏、パフォーマンスを行う。1981年に風間 正と映像作家ユニット"Visual Brains"を結成。以降マルチメディアを駆使した作品を発表する一方、様々な映像制作を手掛ける。また、現代メディア社会を風刺した作品は世界各国で上映されている。1997年の出産を機に女性とジェンダーの問題を扱った映像作品を制作し、各地で発表を行っている。

山川 直人 教授

担当科目
  • 映像創作技法
  • 映画演習A
  • 映画演習B
  • 卒業研究

メッセージ

映像作品は、文学や音楽、宗教と同様、強い治癒力を持つマジックです。
見慣れた風景の切り取りや、何げない人の表情が、私たちの傷を癒し、魂を救ってくれます。
マジックには必ずしかけがあり、いくつかの方法を身につけて組み合わせれば、たいていの人に生産可能で、その表現は工夫次第で無限大になります。
創作の歓びを分かち合い、心のコミュニケーションを広げましょう。

プロフィール

学生時代にはほぼ毎日映画を見ていました。サークルで先輩の自主制作映画を手伝ったことをきっかけに、自分でも作り始め、その後いくつかの監督作品が国内外の映画祭やコンテストで上映、評価されました。1986年に劇場映画デビューし、映画監督する一方で、1993年にはアメリカのサンダンス・インスティテュートにて映画作法を学びました。90年代半ばからは、テレビの仕事が多くなり、ドラマ、CM、ドキュメンタリー番組、音楽プロモーションビデオ等、いろんな仕事をしました。2000年以降は、これに加えてウェブ・コンテンツ仕事も多くなっています。いろいろやっているので、学生たちの学びたいことや、やってみたいことのバリエーションに対して柔軟に対応できると思います。

高山 隆一 教授

担当科目
  • 映像メディア史C
  • 映像メディア史D
  • 映画基礎演習
  • 映画演習A
  • 映画演習B
  • 卒業研究

メッセージ

ややもすると持って生まれた「才能」や「感性」で片付けられてしまう芸術の世界。しかし、デッサンやバイエルのような効果的なカリキュラムやメソッドによりそれらが育まれていくのも事実である。映像という新しい分野におけるこのような効果的な教育の方法論は如何にあるべきかを常に考えていきたい。

プロフィール

過去の名作としての日本映画ではなく、不調と言われている現在の日本映画を観続けています。面白くないと言われている日本映画。しかし、きちんと観ている人は少ないはず。イメージとしてではなく、実際に目で確かめから語る姿勢を持ちたいと思っています。今でしか語れない日本映画もあるはずです。小津、黒澤以外の日本映画を語りたいと考えています。もう一つの研究課題としては映画教育の方法論。映画学校のカリキュラムや教材について、外国の映画製作の入門書、他芸術の教育方法との比較を少しづつ調べ始めています。教師志望であった自分をしては映画を如何に教えるかという点に大変興味があります。1963年埼玉県生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業、同大学院芸術学修士課程修了。

李 容旭 教授

担当科目
  • 映像アート論
  • CG演習
  • 映像情報演習A
  • 映像情報演習B
  • プログラミング演習
  • 卒業研究

メッセージ

映像表現は様々なメディアの絡み合いで生まれた。デジタル環境はそのようなそれぞれのメディアがもつ特性の共通基盤になりつつある。では、デジタル環境、コンピュータ時代において、映像表現の可能性はどこにあるのか? 理論と制作の両方から模索する。

プロフィール

韓国烏山生まれ。小学校から大学までは港町、釜山ですごしました。大学時代は新聞社において先輩らにビシビシと鍛えられました。90年来日、CGプロダクションにて映像制作に関わってきました。97年大学院における勉学とともにフリーとなりCG制作や大学、専門学校、芸術高校などで教育に関わりました。大学院時代には実験系の映像に出会い、映像表現の奥深さや素晴らしさに大きな感動を覚えました。創造性とイマジネーションの総体としての映像表現のすばらしさを全身で感応して行きたいと思っております。創造性の観点から映像表現の新時代を切り開いた作家、作品、著書の収集や整理に力を入れておりますが最近は、現代アートの現場にて作品の展示、他分野との協同によるイベントなどが多くなっております。映像アート時代の到来ですね。あらゆるテクノロジーを駆使して新しい映像アートの世界を切り開いていきませんか? 日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程芸術学専攻修了。

名手 久貴 教授

担当科目
  • テレビ演習A
  • テレビ演習B
  • 映像基礎A
  • 情報処理演習A
  • 卒業研究

メッセージ

映像によっては、気分が悪くなったり発作を起こすこともあります。視機能的に負担のない映像とは何かについて気にかけ、観る人にやさしい映像を制作する態度を持ってください。そのために知識は、我々が提示していきます。

プロフィール

和歌山市で生まれ,大学院修了まで関西に住んでいました。大学院修了後,通信・放送機構(TAO)高度三次元動画像遠隔表示プロジェクトにて研究を続けるために東京に越してきました。大学院では,人間に立体情報として利用される運動視差や網膜像の拡大情報について研究していました。TAOでは、超多眼立体像という特殊な立体像(単眼内に複数の画像が入射されるほど高密度表示された視差画像)を観察する時の視機能についてや、空中像,拡散像,マクスウエル視像観察時の視機能について研究していました。現在も、立体映像と人間の立体視機能から離れられずにいます。関西大学社会学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究課博士後期課程修了。

矢島 仁 准教授

担当科目
  • 映像キャリア研究Ⅰ
  • 映像キャリア研究Ⅲ
  • 撮影・照明技術
  • コンテンツ・プロデュース論A
  • コンテンツ・プロデュース論B
  • 知性と感性を学ぶフィルム演習
  • 写真工房

メッセージ

フィルム取り扱い上の様々なテクニックを、サンプルフィルムの上映を織り交ぜながら解説する講義科目。フィルムの能力を最大限に生かすための照明と撮影と現像のコントロール技術についても、具体的な作業手順を映画撮影者が実行可能な方法で解説する。

プロフィール

父は自営で写真の現像所を営み、母は薬局を経営という環境で、小学生ともなれば写真の現像は自分でやりました。中学時代に動く写真に興味を持ち、一方では植物や昆虫など生き物の大好きな少年でした。高校一年の時に観た『ノミはなぜはねる』(桜映画社)に大きく影響を受け、自分の仕事は科学映画だ、と決めて短大で映画を勉強しましたが、結局映画の仕事にはつけず、航空写真測量の会社に入りました。そこでコンピュータ・プログラマーをしていたとき、突然転職して大学の教職についたのです。最近の映像作品は『ギフチョウと生きる郷』(35mm映画、24分)。ギフチョウの研究史上はじめて撮影に成功した幼虫の吐糸行動が含まれ、研究者から注目を集めています。2001年8月18日<すかがわ国際短編映画祭>において一般公開。1958年東京都足立区生まれ。

百束 朋浩 准教授

担当科目
  • 映像情報基礎技術
  • 映像情報技術Ⅰ
  • 映像鑑賞批判
  • 放送メディア演習
  • テレビ演習A
  • テレビ演習B
  • 卒業研究

メッセージ

映像は総合芸術であり、機械がないと作れません。表現の世界は独自性を 発揮する場であり、何を表現するのかが大切になりますが、表現を形に出来なければ意味がありません。
映像を作るには科学技術とそれを使いこなす手法を学ぶ必要があります。 表現と手法の両方を体系的に効率良く学ぶことが大学の役割だと考えます。

プロフィール

家業が映像関連の仕事でしたので、無自覚に映像に触れる機会が多い幼少時代を過ごしました。その一方で小学生の頃からコンピュータに親 しみ、PC-9801で育ちました。大学では、芸術学の中で映像を学び、その一方で映像機器が好きでInterBEEには足繁く通いました。大学院で映像研究は学際研究が最も有効だと痛感しました。本来、交わらなかった映像とコンピュータ、芸術学と工学がいつの間にか混ざり合い、自己のバランスが取れるようになって現在に至ります。日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程芸術専攻修了。

丁 智恵 助教

担当科目
  • 放送史Ⅰ
  • 放送史Ⅱ
  • テレビ制作論Ⅰ
  • 映像基礎A
  • テレビ演習A
  • テレビ演習B
  • 卒業研究

メッセージ

これまでテレビ研究に携わりながら得た知識と知恵から、みなさんの創造性と感受性を伸ばし、「つくる」ことの歓びや情熱と、それに必要な技術と知識を伝えていきたいと思います。

プロフィール

兵庫県生まれ。大学までは関西在住で、学部時代に韓国に留学。ドキュメンタリー制作に関わり、映像制作の面白さを知りました。大学院ではNHKや民放のテレビ・アーカイブを活用した研究プロジェクトに参加し、テレビ・アーカイブ研究、テレビ制作者研究、そしてテレビ史から眺めるアジアというテーマで研究を進めてきました。新しい時代における放送のあり方や番組制作について、一緒に考えていきましょう。
京都大学総合人間学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。

映像学科について