カリキュラム マンガ学科

  • 下記は2017年度入学生向けの開講科目です。
  • 基礎・教養科目については基礎教育をご覧ください。
  • 在学生はコウゲイ.netを参照してください。

1年次

基礎テクニック修得はもちろん、「マンガとは何か」について学ぶ。

マンガとは、絵と文字を組み合わせた独自の手法で、さまざまなテーマや物語を表現していくアートです。そのマンガを描くために、原稿用紙やペン、インクなどのマンガ用具の使い方から、キャラクターやネームの制作、透視図法などマンガを構成する要素について自分のペースで丁寧に学びマンガを描く基礎を身に付けて行きます。

2年次

マンガを取り巻く様々な環境を知り、作品制作や研究活動を通して自分の適性を見極める。

ストーリーマンガ領域においては読者を意識した作品制作を行います。また、コマ構成や演出、デジタルマンガ制作についても学び表現の幅を広げて行きます。イラストレーション領域のカリキュラムでは様々な画材を用いた表現研究や1コママンガの制作を行い自己の表現を模索します。編集・研究の領域は取材の方法やマンガを取り巻く様々な環境について学びます。

3年次

自分独自の表現や研究のテーマを見つける。

「ストーリーマンガ」「デジタル表現」「カートゥーン&イラストレーション」「マンガ研究・編集」の5つの専門分野から自分の進路に合った研究室を選択します。将来を見据えて試行錯誤しながらより高度な作品制作や研究活動を目指します。

4年次

自分でテーマを定め、一年間をかけて作品制作や研究活動を行う。

これまでに学んできたさまざまな経験から自分でテーマを定めて卒業研究を行い ます。制作したストーリーマンガやイラストレーションなどの作品は卒業研究修了後に卒業制作展で展示します。また、ストーリーマンガ作品を出版社に投稿したり持ち込みをしてプロのマンガ家としてデビューする学生も少なくありません。

その他の科目

マンガ学科について