写真学科 Depertment of Media and Image Technology

芸術学部

写真学科とは

伝統に裏付けされた最先端の写真技術を学ぶ

写真学科は、東京工芸大学の前身である小西写真専門学校の時代から90年続く伝統ある学科です。これまで写真学科では日本の写真界を代表する優秀な写真家を輩出してきました。そんなアナログの時代から培われた確かな技術と知識だけではなく、それをベースとした最新デジタル技術まで、ありとあらゆる写真の技術と知識を身につけられる環境が写真学科にはあります。写真に関する基礎知識をベースに「写真表現理論」「コマーシャル」「ドキュメンタリー」「アート」という4つの専門領域の中からそれぞれ専門性を追求していくことができます。

特徴

基礎から始まる正統的な写真教育

写真学科では、長い写真教育の伝統と実績をベースに、デジタルのみならずアナログも含めて、写真表現の土台となる基礎から正統的に学べるカリキュラムを用意しています。専任の教員は、コアとなる開講科目・演習科目を担当し、学生と触れ合う時間を多く持てるよう心がけ、また指導陣には、絶えず今を乗り越えようという現役の制作者が多数在籍しています。
さらに、国内外の著名な写真家を招いての特別講義も頻繁に開講されており、学生はプロフェッショナルたちとの様々なコミュニケーションを通して、写真家としての考え方や生き方までも学ぶことが可能です。また、写真に関連する領域へ発展できるよう、「アートディレクション」や「画像アーカイブ論」等の特色ある科目、芸術領域で進行するクロスメディアに対応するためのソフトウェアの基礎操作を学ぶ「総合制作演習ⅠA・ⅠB」等の科目を設置しています。

  • 写真表現理論領域

    写真表現理論領域では、写真が発明されてからこれまで、どのような写真理論が考えられていたのかを学びます。写真がこれまで社会や芸術分野などでどのような位置づけで捉えられていたのかを学術的な観点と歴史的背景から研究したり、写真家としての撮影技術はもちろん、写真家としての立ち位置から考えさせられる学びが得られるのも本領域の特徴です。

  • コマーシャル領域

    コマーシャル領域では、広告業界のフォトグラファーとして活躍する上で必要な基礎知識から、アートディレクターとの関わり方、コミュニケーションの取り方などを学びます。第一線で活躍する教員が多く、実際の広告業界での事例を元にアートディレクションの手法などにも触れながらコマーシャルフォトグラファーとして知っておくべき知識や業界の全体像を身につけられるのが本領域の特徴です。

  • ドキュメンタリー領域

    記録性に重点を置いた写真表現が、ドキュメンタリー写真です。本領域では、ドキュメンタリー写真の種類や、ドキュメンタリー写真がこれまでどのような社会的機能を担ってきたのかを学んでいきます。これまでフォトジャーナリストがカメラに収めたドキュメンタリー写真や、ニュース写真を一つひとつ分析し、ジャーナリズムの理念や精神についても学んでいきます。フォトグラファーの進路の一つでもあるジャーナリストへの道を開くために知っておくべき写真や業界の全体像を身につけられるのが本領域の特徴です。

  • アート領域

    写真は広告やドキュメンタリー以外にも、アートとして捉えられることもあります。本領域では、アートとして撮られる写真に使われている技法や様式、さらには最先端のデジタル・アートの概念について学んでいきます。また、これまでの各時代を代表する日本の写真家をピックアップし、写真家の言葉や作品、作家の思想的背景やその作家に影響を与えた国内外の作家など、表現活動をする作家の全体像を探りながら、フォトアーティストとしての生き方や考え方についても深く学んでいきます。

卒業後の進路ピックアップ

  • コマーシャルフォトグラファー

    雑誌・ポスター・広告・パンフレットなどに使用する商業写真を撮影する仕事です。
    被写体となる「ヒト」や「モノ」の魅力を最大限に引き出すために、カメラやデジタル技術、ライティング、構図に関する知識はもちろんのこと、広告、印刷技術についての幅広い知識、芸術的センスなどが求められます。

  • ジャーナリスト

    国内外を問わず様々な事件や事故の現場に赴き、報道写真を撮影する仕事です。ときには取材なども行いながら、写真を通して、社会で起きている事象や世界の現実を多くの人に伝えます。現場に駆けつけるフットワークの良さや決定的な瞬間を待つ持久力、情報収集能力、公正な判断力などが求められます。

卒業後の進路

研究室紹介

  • 吉田・田中研究室
    (写真表現)

    担当教員
    吉田 成 教授
    田中 仁 教授

  • 吉野・勝倉研究室
    (フォトメディア)

    担当教員
    吉野 弘章 教授
    勝倉 崚太 助教

  • 小林研究室(視覚コミュニケーション)

    担当教員
    小林 紀晴 教授

  • 姫野研究室
    (表現理論)

    担当教員
    姫野 希美 教授

  • 上田研究室
    (肖像写真)

    担当教員
    上田 耕一郎 准教授

  • 酒井研究室
    (コマーシャル)

    担当教員
    酒井 孝彦 准教授

  • 圓井研究室
    (現代写真)

    担当教員
    圓井 義典 准教授

コウゲイの学び 想像し、創造する。学ぶのは「楽しい」、ものを創るのは「おもしろい」。
  • メディア画像学科
  • 生命環境化学科
  • 建築学科
  • コンピュータ応用学科
  • 電子機械学科
  • 写真学科
  • 映像学科
  • デザイン学科
  • インタラクティブメディア学科
  • アニメーション学科
  • ゲーム学科
  • マンガ学科