卒業後の進路 写真学科

将来の可能性

卒業後の主な職業

コマーシャルフォトグラファー Commercial Photographer

雑誌・ポスター・広告・パンフレットなどに使用する商業写真を撮影する仕事です。
被写体となる「ヒト」や「モノ」の魅力を最大限に引き出すために、カメラやデジタル技術、ライティング、構図に関する知識はもちろんのこと、広告、印刷技術についての幅広い知識、芸術的センスなどが求められます。

写真作家 Photo Artist

自らのテーマや表現を追究し、撮影した作品を発表する仕事です。作家として写真集を出版したり個展を開催したりします。独自の世界を創り出すための豊かな感受性、創造性、表現力、想像力、それらを作品にするための高度な撮影技術・知識、そして自らをマネジメントする能力などが求められます。

ジャーナリスト Photo Journalist

国内外を問わず様々な事件や事故の現場に赴き、報道写真を撮影する仕事です。ときには取材なども行いながら、写真を通して、社会で起きている事象や世界の現実を多くの人に伝えます。現場に駆けつけるフットワークの良さや決定的な瞬間を待つ持久力、情報収集能力、公正な判断力などが求められます。

編集者・編集部カメラマン Editor, Cameraman at an Editorial Office

単行本や雑誌などの企画から携わり、出版物に掲載する写真を撮影する仕事です。決定した企画に沿った撮影をするだけでなく、今後の企画で取り上げそうなイヴェントや四季折々の風景、祭事などの写真を撮りためておく場合もあります。専門誌などでは、編集者同様の深い知識が求められます。

画廊・美術館(ディレクター・キュレーター) Director, Curator

展覧会や美術展などの企画をする仕事です。展覧会の企画提案のみならず、出展する作品の収集や展示、整理、会場設営、管理、カタログ制作、広報活動など、開催までのすべての工程の責任者となります。写真や美術に関する知識はもちろんのこと、語学力や企画力、交渉能力などが求められます。

写真機材・材料メーカー Manufacturer of Cameras, Camera Accessories

カメラやレンズをはじめとする写真機材・材料などをつくる仕事です。写真に関する深い知識をもとに、ユーザーのニーズに応じた写真機材の企画、製造ラインの管理、広報活動などを行います。最新の技術に関する豊富な知識や、市場を調査・分析する力、企画力・発想力などが求められます。

就職実績、取得できる資格・スキル

写真学科について