工学部Faculty of Engineering

工学部長からのメッセージ

成長を実感できる大学、それが東京工芸大学工学部です。

本学部の自慢は、教育経験・社会経験豊富な教職員の指導力の高さと、それによって実現した進路決定率の高さです。

写真や印刷をルーツとして特徴ある教育研究を行っている工学部は、2019年度に1学部5コースの新しい工学部に生まれ変わります。新学部では、全ての学生が情報技術の基礎を学び、それを基盤として、様々な業種・業界が連携する社会で活躍する人材に成長できるようになります。そのため、これまでの学科別組織による教育に代わり、履修モデルによるフレキシブルな学びが実践できる環境を整えます。個々の学生が工学の基礎となる教育を受けながら、主体的に学べる分野を選択でき、学びの分野に必要な授業科目を広く選択できる“新しい工学部“です。また、写真教育をルーツに持ち、芸術学部を併設している東京工芸大学ならではのメリットを生かし、1年次に「写真演習」、「デザイン演習」などの科目を学び、豊かな表現力や描写力も磨きます。最先端のテクノロジーを現代アートやエンタテイメント等の表現に応用するような、幅広い可能性を持った学際的な学びも特筆すべきポイントです。

このような仕組みの中で、親身で丁寧な指導を実践し、学生を成長に導く力を東京工芸大学工学部は確かに有しているのです。

工学部長 佐藤利文 教授

コース紹介

  • 機械コース

    一人一台のロボットを作りその機能を高めていくことで多面的な能力を獲得する

    ものづくりの基礎となるメカ・回路・プログラミングを一連の流れとして、ロボットという具体的なモノを通して学ぶことができます。このコースの面白さは、実際に設計・制作したモノを手にすることができ、それらを意図通りに動かせるところです。機械コースは、「モノを考える・作る・動かす」すべてを実現できるコースです。一人一台のロボットを制作する授業が毎年配置されています。年次が上がるに従って、課題となるロボットもレベルアップ。コンテスト形式で学年内で競ったり、発表し合うことで技術の習得と、実学による経験値を上げていきます。

  • 電気電子コース

    現代社会に必要不可欠な技術エレクトロニクスを学び未来社会で貢献する能力を身につける

    すべての産業の根幹であるエレクトロニクスを学び、未来を体感できるコースです。授業で学んだことが実験・演習を通じて確実に身につきます。電気電子コースの最大の特徴は実験・実習にあります。少人数で回路を製作したり、コンピュータを使ったモーターや表示装置の制御、材料の特性測定、大きな電力を扱う変電装置の操作など、面白く興味深い内容が目白押しです。レポートの書き方や問題の解き方など、学生一人ひとりが「理解した」という実感が持てるまで丁寧に教える、少人数指導を行います。安心してエレクトロニクスの学びに挑戦できるコースです。

  • 情報コース

    コンピュータの基礎から最先端の人工知能までを学び将来の選択肢を拡大する

    世の中のあらゆるところに応用されているコンピュータを、自分の手足のように自由自在に操り、社会問題を解決できるプロフェッショナルな能力を身につけます。コンピュータの基礎・専門知識の獲得にとどまらず、その知識と技能を生かして、さまざまな分野へ挑戦していける広い視野と応用力も養います。本コースでは画像処理プログラミングやCGプログラミングの技術を学ぶ実習科目のほか、人工知能、情報セキュリティ、音声メディア処理など多彩な講義を用意。これらの先端科学を学ぶことは、必ず未来の選択肢を増やすことにつながります。

  • 化学・材料コース

    化学反応を取り扱う知識・技術を身につけ、あらゆる産業、先端科学・応用化学分野で生かす

    世の中の現象の多くは化学反応をともない、流通している製品には機能性材料が使われています。化学反応を理解し、取り扱う技術を身につけた人材は、産業界のあらゆる分野で活躍が可能です。本コースでは、新しい機能を持つ材料化学、次世代エネルギー源を扱う化学、多角的な観点からの分析化学などを学び、研究することができます。また、環境問題やエネルギー問題の解決を目指すエネルギー化学分野、最新の有機・無機・高分子材料を扱う先端材料化学に注力している点もコースの特徴です。これにより、環境や先端材料の分野でも活躍できる人材を育成します。

  • 建築コース

    学生一人ひとりの興味に応じた専門分野を学び社会で求められる建築のプロを目指す

    建築コースの最大の魅力は、少人数制の設計製図演習、充実した実験設備、そして教員と学生の距離の近さです。建築に関わる幅広い基礎知識を得られるだけでなく、学生一人ひとりの得意分野に合った専門知識を学ぶことが可能です。そのため、真に社会で必要とされる建築の専門家として羽ばたくことができます。また、「建築デザイン」「構造デザイン」「環境デザイン」の3分野をバランスよく習得できる点も特徴です。さらに、世界屈指の教育研究拠点として高く評価されている「風工学研究センター」を活用した研究ができるのは、本学だけです。

  • 学習支援センター

    知的カフェ、空いてます。

    「授業についていけない」そんな時には学習支援センターへ。教育経験豊富な先生や先輩方がマンツーマンで直接指導。
    大学入学以前の学習が足りなかったり、自分の理解が追いつかなかったり、大学の授業についていけないと感じた時には学習支援センターへ相談に来てください。数学や物理、化学、英語といった基礎科目を中心に、経験豊富な先生や上級生・大学院生が直接あなたを指導します。また学習の内容だけではなく、工学の基礎を学ぶ上で皆さんが感じる、あらゆる質問や相談にも対応いたします。

工学部トピックス

工学部トピックスの一覧を見る