教員紹介 建築学科


建築デザイン分野市原 出 教授

担当科目
  • 建築デザイン概論
  • 建築ゼミ
  • 建築意匠
  • 建築設計製図Ⅲ
  • 建築設計製図Ⅳ
専門分野
  • 建築デザイン
  • 建築形態論
  • 建築空間論

メッセージ

建築は大きなものなので、普通1人でつくることはできません。多くの人達の協力によってつくられます。ですが、全体をコントロールする立場の人が重要です。一般的に建築家と呼ばれる人のことです。技術的なこと、経済的なこと、法律に従うこと、建築主の希望に添うこと、様々な要求を全体としてまとめあげ、1つの形にする人のことです。そして、その行為のことを建築デザインと呼びます。 まずは良い建築にたくさんふれること。フィールドに出て、見て、感じる。その上で、それらを理論的に説明したりする少しだけややこしい話も避けては通れません。デザインの実践と理論的な研究、その双方を学んで、建築デザインのプロ=建築家を目指しませんか。

プロフィール

福岡県福岡市の出身です。県立修猷館高校を卒業後、東京大学工学部建築学科、同大学院で建築を学びました。実際につくることがどうしてもやりたくて、宮脇檀建築研究室(研究室となっていますが、設計事務所です)に入所し、住宅作家として有名な宮脇檀のもとで実務の勉強をしました。 その後大学院の香山寿夫研究室に戻り、ペンシルヴァニア大学に留学、アメリカの郊外住宅の研究をしました。その成果を生かして、住宅を中心に設計活動をしています。最近は、通勤がいけないことだと考えるようになって、郊外ではなく都市に心地よく住むための住宅について研究しています。 建築意匠は建築理論を研究し、同時に建築設計を実践する分野です。それらの二つのことは実は同じことだと考えています。その意味で、研究と実務との間で交互に中心を移しながら活動してきましたし、これからもやっていきたいと思います。

建築デザイン分野海老澤 模奈人 教授

担当科目
  • 西洋建築史
  • 近代建築史
  • 日本建築史
  • 建築設計製図基礎
  • 建築設計製図Ⅰ
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 近代建築史
  • 西洋建築史
  • 建築論

メッセージ

建築史を専門としています。建築は、歴史や文化、風土、政治、宗教、美学、生活様式など、人間の営みすべてが反映された重要な文化遺産です。建築の成り立ちを調べ、それが歴史や社会の中でどのような意味をもってきたかを考えるのが建築史です。工学部でありながらこのような研究室が存在していること自体、建築という学問の幅の広さを示していると言えるでしょう。 授業やゼミでは、学生の皆さんにできるだけ本物の歴史的建造物に触れてもらい、その特徴や意味を考えてもらうことを重視しています。皆さんも是非、建築学の門をたたいてみてください。きっと自分の周りの建物や都市が新鮮に見えてくるはずです。

プロフィール

東京大学工学部建築学科を卒業後、同大学院に進学。博士課程在学中にウィーン工科大学(オーストリア)とミュンヘン工科大学(ドイツ)に留学し、西洋建築史研究についての研鑽を積みました。留学の成果をもとに、19世紀ドイツ、オーストリアにおけるミュージアム(美術館・博物館)建築に関する博士論文を執筆。その後本学に着任しました。現在は19-20世紀ドイツ語圏の建築・都市の研究に多角的に取り組んでいます。時間があるときは街や建築を訪ね歩き、授業や研究のアイディアを練るのを楽しみにしています。

建築デザイン分野八尾 廣 准教授

担当科目
  • 建築設計製図Ⅱ
  • 建築設計製図Ⅵ
  • 建築設計製図Ⅴ
  • 建築計画Ⅰ
  • 建築計画Ⅱ
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 建築設計学
  • 都市計画学
  • まちづくり

メッセージ

21世紀に入り、建築設計の可能性は急速に拡大しつつあります。コンピュータ技術の発達による構造解析技術や施工技術の複雑化高度化により、20世紀には考えられなかった建築が世界中で生み出されつつあります。 一方でいま、建築を取り巻く社会は変化しています。例えば、これまでのように短いサイクルで建物を建て替えてしまうのではなく、できるだけ長く使える建物が求められたり、古い建物の魅力が見直されたり、建築に対するニーズもより幅広いものになってきています。これからの社会を担うみなさんの創造性が求められています。このやりがいのある建築の世界に飛び込んできてください。

プロフィール

1966年高度成長期の真っ盛りに大阪に生まれ、関西の温暖な気候と自然のもとのびのびと育ちました。高校時代に、親戚の建築家の影響もあり芸術に目覚め、音楽に打ち込みながら建築家を志し、1990年に東京大学工学部建築学科を卒業。1992年に東京大学大学院修士課程を卒業後、「京都駅ビル」や「札幌ドーム」をてがける建築家 原広司氏のもとで建築を学びました。1999年に仲間と共に応募した「宮本三郎美術館建設提案競技」にて、508案の中から当選。これをきっかけに独立し、建築設計事務所を共同設立。住宅や公共建築の設計を手がけ、多くの建築賞、景観賞を受賞しました。2005年より「八尾廣建築計画事務所」を設立し、現在も多くの住宅や建築のプロジェクトが進行中です。2008年より東京工芸大学工学部建築学科の准教授に就任し、研究、教育、実践の相互作用によりさらに新しい建築の探求を学生の皆さんと行っていきたいと思っています。

建築デザイン分野森田 芳朗 准教授

担当科目
  • 建築設計製図基礎
  • 建築生産Ⅰ
  • 建築構法Ⅰ
  • 建築構法Ⅱ
  • 建築設計製図Ⅲ
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 建築構法
  • ハウジング

メッセージ

建築は面白い。そして幅広い分野です。空間をデザインすること、モノとして現実につくること、それもインテリアから都市まで様々な広がりを持っています。そこでは、計画、構造、環境などあらゆる専門性が発揮されます。建築の世界では、そうした得意分野を持つ様々な人たちが、ものづくりの喜びでつながっています。 一方でいま、建築を取り巻く社会は変化しています。例えば、これまでのように短いサイクルで使い捨ててしまうのではなく、できるだけ長く使える建物が求められたり、古い建物の魅力が見直されたり、建築に対するニーズもより幅広いものになってきています。これからの社会を担うみなさんの創造性が求められるところです。そうしたやりがいのある建築の世界に飛び込んできてください。

プロフィール

生まれも育ちも福岡です。修猷館高等学校を卒業後、九州大学、同大学院修士課程で建築を学びました。東京大学大学院で博士号を取得後は、同大学COE研究員として世界の都市再生の現場を見て回る機会を得ました。東京大学大学院新領域創成科学研究科研究員、千葉大学大学院助教を経て、2010年、本学に着任しています。

建築デザイン分野鍛 佳代子 講師

担当科目
  • 建築設計製図Ⅰ
  • 建築設計製図Ⅱ
  • 都市計画
  • デザインシミュレーション
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 建築・都市空間の構成に関する研究
  • 都市空間の解析・評価手法に関する研究
  • 都市再生に関する研究

メッセージ

建築を学ばれる皆さんに私が伝えたいのは、とにかく「街に出てほしい」ということです。 建築物を、それ単体として見るのではなく、周辺との関係、空間構成、機能、景観などさまざまな角度で見ることで、今までとはまったく違う建築物の役割や意味が見えてきます。ですから、積極的に外に出て、「街づくり」の視点から、自分の面白いと思えるポイントを発見してほしい。そして「なぜ自分の街は他の街と違うんだろう」「どうしてこの街は人が多いんだろう」など、些細なことでもよいので、疑問を持ってみてください。能動的な姿勢をもって、街や都市を観察し、追究することが、この研究の入り口であると考えています。

プロフィール

東京都立大学工学部建築工学科を卒業後、東京大学大学院へ進学、原・藤井研究室にて、建築・都市デザインのコンペティションやインドネシアでの集落調査へ参加する。博士課程修了後、神戸芸術工科大学大学院助手を経て本学へ着任。 「小都市」「多民族集住(ソーシャル・ミックス)」「オープンスペース」という3つのキーワードを中心に、歩行者の視点に立ったフィールド・ワークを行っています。


構造デザイン分野陣内 浩 教授

担当科目
  • 建築材料Ⅰ
  • 建築施工Ⅰ
  • 建築施工Ⅱ
  • 建築材料Ⅱ
  • 建築材料構造実験A
  • 建築材料構造実験B
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 高強度コンクリート
  • 環境配慮型コンクリート
  • コンクリートの品質管理

メッセージ

みなさんは子供のころからたくさんの建築物を見て育ったと思います。あまり意識したことはなかったかもしれませんが、新しい建築物が雨漏りしたり、震度3とか4の地震で倒壊したりするのを見た記憶はないのではないでしょうか。それだけ、この国の建築技術は進歩しています。自分たちの周りにある建築物の耐震・耐火といった安全性がどのよう考えられているのか、雨などに対する防水性などがどのように考えられているのか、そんなことを大学で学び、将来の仕事とするのはどうでしょうか。

プロフィール

日本大学で修士過程まで建築を学び、1992年に大成建設に就職しました。大成建設では、主に技術研究所でコンクリートの研究を行ってきましたが、それ以外の業務として、超高層建築の現場監督や、研究企画部門の課長、特許室の室長など、研究以外の様々な仕事も経験してきました。コンクリートの研究では、主に建築物を高層化するための超高強度コンクリートについて研究し、2003年にその研究をとりまとめた論文で宇都宮大学から博士号を頂きました。2017年には25年間務めた大成建設を退社し、本学に着任しました。企業に所属していたときは、超高層建築の現場をまわり、自分で研究した超高強度コンクリートの打ち込みなどに立ち会い続けるのが私の研究スタンスでした。現在は、学生さんたちと近未来の建物で使われるような新しいコンクリート技術を研究できればと考えています。

構造デザイン分野松井 正宏 教授

担当科目
  • 建築構造設計Ⅰ
  • 建築構造力学Ⅱ
  • 建築構造力学演習Ⅱ
  • 建築構造Ⅲ
  • 建築材料構造実験A
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 建築構造
  • 風工学
  • 地震工学

メッセージ

人間の持っている想像力とはなんとすばらしいものだろう。想像力を働かせれば,大きなものも小さく見えるし,小さなものも大きく見える。ゆっくり動いているものもすばやく動いて見えるし,すばやく動いているものもゆっくり動いて見える。皆さんは,日々楽しんでいるだろうか。楽しむ秘訣は,楽しいものを見つけることではない。対象はどんなものでもかまわない,自分がそこにどんな楽しさがあるかを発見することなのだ。

プロフィール

大学で建築学を学び,大学院では,建築物の基礎構造や振動の研究に従事した。卒業後,建設会社に入社し,研究所で耐震や耐風構造の実験,研究にたずさわる。本学着任後は,強風災害の低減を目指して,台風や竜巻の被害調査に奔走している。 現在は趣味の時間が取れないのが悩みの種ではあるが,高校時代は,アマチュア無線,大学時代は山岳サイクリングに明け暮れた。
1987年早稲田大学卒業,1989年同大学院修士課程修了,同年清水建設入社,2002年東京工芸大学工学部助教授に着任,2008年同教授,2016年から風工学研究センター長兼任,現在に至る。

構造デザイン分野吉田 昭仁 教授

担当科目
  • 建築構造Ⅱ
  • 建築構造演習Ⅱ
  • 建築構造力学ⅠB
  • 建築構造力学演習ⅠB
  • 建築材料構造実験A
  • 構造・環境デザイン概論
  • 建築構造設計Ⅱ
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 耐風工学
  • 建築構造
  • システム同定

メッセージ

高等学校に出前講義等で伺った際に、大学の建築学科について訊ねると、多くの皆さんが建築物を美しく見せるような設計(意匠設計)について勉強する学科とイメージされているようです。実際には建築学科で学ぶ内容は非常に多岐にわたり、私が担当する建築構造という分野は、建築物竣工後にはあまり目につくことはありませんが、人名の保護や財産の保全など建築物に住まう上で、非常に重要な分野(人間でいえば骨格ですね。)です。日本は世界有数の強震国であると同時に複数の台風が毎年上陸するという世界的に大変稀有な国です。この日本に建築物を安全に成り立たせるという難題に取り組んでみませんか。

プロフィール

千葉県市川市出身です。東京工芸大学工学部建築学科を卒業後に同大学院へ進学し、3年間企業で働いた後に2000年4月に本学建築学科助手として着任しました。2006年3月に東北大学で博士(工学)を論文博士で取得後、2006年4月から同講師、2008年4月から同准教授、2015年4月から同教授として勤務しています。

構造デザイン分野金 容徹 准教授

担当科目
  • 建築ゼミ
  • 建築構造力学ⅠA
  • 建築構造力学演習ⅠA
  • 建築構造Ⅰ
  • 建築構造演習Ⅰ
  • 建築材料構造実験A
専門分野
  • 建築構造
  • 耐風工学
  • 建築振動学
  • 構造信頼性工学

メッセージ

建物は当然なことながら人が生活することを前提としています。人が生活するには空間が必要で、その空間は安全であり快適であることが求められます。建築には色々な分野がありますが、安全性と最も密接な関係にあるものの最もおろそかにされがちな分野が建築構造分野です。台風や突風そして地震のような膨大なる自然の力に対して安全な空間をつくること、すなわち、安全な建物をつくることはやりがいのある凄く魅力的なことです。私と一緒に安全な建物をつくり、社会に貢献しませんか。

プロフィール

1995年にソウル市立大学に入学しました。入学時、新入生の代表として誓約したのが昨日のようですが、もう20年も経っています。2年2ヶ月間兵役を無事に終え、2002年にソウル市立大学を卒業しました。その後、高麗大学大学院に進学。高麗大学大学院の卒業後、1年間の準備期間を経て、2005年東京大学新領域科学創成研究科に進学しました。4年間の博士課程を終えて、2009年から2013年まで東京工芸大学のグローバルCOE研究員・准教授として約4年間在籍したことがあります。この4年間私は大きく成長したと思います。その後、母国である韓国に戻り2年間の更なる研究経験を積み、2015年4月より東京工芸大学建築学科の准教授として新しいスタートを切りました。


環境デザイン分野水谷 国男 教授

担当科目
  • 建築環境学実験
  • 建築環境学Ⅰ
  • 建築環境学Ⅰ演習
  • 基礎環境物理
  • 設備設計
  • 建築設備基礎
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 建築設備・建築環境工学・設備耐震・防災計画
  • 室内温熱空気環境と健康及び知的生産性
  • デシカント空調システム・放射空調システム
  • 自然エネルギー利用冷暖房・換気システム
  • 建築設備・非構造部材の耐震とBCP・LCP

メッセージ

人類は、建物によって厳しい自然環境から身を護り、冷暖房によって健康で快適な室内環境を創り出してきました。しかし、地球温暖化や今後の化石燃料の枯渇を考えたとき、我々は、自然と敵対するのではなく、自然と協調することによって持続性のある社会を築いていかなければなりません。 また、大震災などの自然災害においては、建物構造体が無傷でも天井等の非構造部材や建築設備が損傷したりライフラインが途絶することによって、長期間にわたって建物や生産設備が使えない状態が発生します。企業の事業継続計画(BCP)や家庭での生活継続計画(LCP)を考えるとき、災害時の建築設備の機能維持を考慮した対策が必要になります。「地球環境にやさしく、健康で快適な生活環境を創り出し、災害時にも機能する建築設備」を目指していけば、明るく夢のある未来の環境をデザインできるようになるでしょう。

プロフィール

福井県勝山市出身です。1980年に新潟大学工学部土木工学科を卒業後、三建設備工業株式会社へ入社し、2007年9月まで建築設備設計の実務及び研究開発を行ってきました。その間、1981年から2年間は東京工業大学工学部建築学科の研究生となり、クリーンルームや屋外気候の研究を行いました。1987年からは新潟大学大学院自然科学研究科に国内留学し、1990年に「集合住宅の居住環境計画に関する研究」で学術博士の学位を得ました。1990年から2年間は、東京大学生産技術研究所の受託研究員・民間等共同研究員となり、通風並びに室内気流の可視化と数値解析について研究しました。その後、三建設備工業株式会社では、換気効率や放射空調、地中熱利用に関する研究を行ってきました。2007年9月に本学に着任し、デシカント空調や、自然エネルギーを利用した換気システム、サーマルマネキンを使った温熱環境評価に関する研究等を行っています。また、東日本大震災などの地震発生時には建築設備・非構造部材の被害調査を行い、建築設備の耐震対策や防災計画に関する研究を進めています。中学から大学まで柔道をやっていたので、時間ができたら畳の上で体を動かしたいと思っています。

環境デザイン分野張 偉栄 准教授

担当科目
  • 建築環境学Ⅱ
  • 建築環境学Ⅱ演習
  • 建築環境学実験
  • 環境計画
  • 設備計画学Ⅰ
  • 設備計画学Ⅰ演習
  • 設備計画学Ⅱ
  • 設備計画学Ⅱ演習
  • 構造・環境デザイン概論
  • 建築ゼミ
専門分野
  • 建築環境工学
  • 建物シミュレーション
    マクロ:エネルギー・設備シミュレーション
    ミクロ:数値流体シミュレーション(CFD)
  • ゼロ・エネルギー・ビルディング

メッセージ

人類は古くから身を守るために動物たちの巣のような住処を造って来ました。立派なデザインでなく、風雨、寒暖など厳しい自然環境に抵抗して安全・安心な生活空間を求めるのが建築というものの始まりです。現在では、室内環境に対して、基本の温冷感をはじめ、空気がきれいかどうか、どれだけのエネルギーを消費しているか、照明の変色やアロマのにおいなどが人間の生産性と創作性にどんな影響を与えるか、そういった課題は注目を集めています。皆さん、建築環境工学の知識を勉強して、格好いいエンジニアとして、我々の人生の80%以上の時間を過ごす室内空間を、より快適かつ省エネになるよう一緒に努力してみませんか。

プロフィール

甘栗の故郷である中国の天津市の出身です。中国清華大学建築学院を卒業した後来日し、東京大学工学系建築学専攻へ進学しました。博士学位を取った後2年間東京大学生産技術研究所に務め、2014年本学に着任しています。建物のエネルギーシミュレーションと数値流体シミュレーションを中心にやって来ましたが、最近ゼロ・エネルギー・ビルディング、スマートハウスや建物のインフォメーション・モデリングなどに大変興味を持ち始め、建物の3D形状から秒単位の設備動作まで、すべてをコンピュータで再現しています。省エネを追求しながら、物凄くパワーを感じます。
料理が得意です。中華だけではなく、洋食も和食も。食べたら、運動も必要ですから、普段はフィギュアロビクスをやっています。読書と文学創作は趣味で、現在まで小説3冊を自己出版しました。

環境デザイン分野福留 伸高 助教

担当科目
  • 建築ゼミ
  • 設備計画学Ⅰ
  • 設備計画学Ⅰ演習
  • 建築環境学実験
  • 建築環境学Ⅲ
  • 建築環境学Ⅲ演習
専門分野
  • 建築環境工学(温熱環境・省エネルギー)
  • 建築設備工学(性能検証)
  • 都市環境・微気候分析

メッセージ

周りにある建物は、建設・利用・解体されるのに約40~50年の期間があります。その期間に当初設計したときに期待していた性能を発揮できていなければもったいないことです。「果たして期待した結果が得られるのか」を評価する研究分野のひとつが「建築環境工学」です。「環境」とついているので、主に私たちが活動する室内空間の温度や明るさ、エアコンなどに代表される空調機器や照明・家電などの消費エネルギー(電力など)を屋外環境(日射・風・雨など)と一緒に計測して、コンピュータで事前に計算した予想と実際の計測で得られた結果を比較しながら、どうすれば機器を効率よく(無駄なく)使用しながらも快適な環境を維持できるかを提案したりしています。

プロフィール

九州・鹿児島の出身です。2010年に鹿児島大学で博士号取得後、秋田県立大学の流動研究員、首都大学東京の特任助教として研究・教育活動に携わり、2015年4月に本学に着任しました。これまでは主に住宅やビルに導入された設備システムや環境配慮・省エネ技術を実測やシミュレーションによって性能評価するプロジェクトに携わってきました。また東南アジアにおけるオフィスビル・病院等の室内環境や気象データ、エネルギー消費実態を調査し、今後の室内環境(光、熱)の改善とエネルギー消費の削減をどのように両立していけるか提案するプロジェクトにも携わってきました。

建築学科について