教育の特長とカリキュラム カリキュラム

工学部の教育の特長

今後の工学系教育では、他の専門分野に関心を示し多様性を理解することができる人材、そして社会や産業界の変革にも柔軟に対応することができる人材を育成する仕組みが求められています。また、現在の情報化社会、さらにその先の Society5.0 と呼ばれる超スマート社会において、情報処理の知識と技術を駆使して新たな社会的価値を創造することができる人材を育成する仕組みも求められています。
東京工芸大学工学部の新しい学びの仕組みは、こうした人材を育成し社会に輩出するために生み出されました。これからの工学系教育を先取りした先進的な教育システムです。

主体的かつフレキシブルな学修体系

機械、 電気電子、 情報 、化学・材料 、建築の5つのコースのいずれかを選んで入学しますが、どのコースに入学しても1年次には工学の基礎となる共通教育を受けます。しっかりと基礎教育科目を学びながら、1年次通年の必修科目「学修技術と自己管理」の中で、カリキュラムアドバイザーの先生と相談しながら、自分の将来をじっくりと考え、2年次以降の ”学びの分野” を選択します。
自分の夢を実現させるための自分だけの学修体系を、学系・コースの枠を超えて主体的かつフレキシブルに構築することができます。
2年に進級する際には、コースを変更することもできます。

情報処理に強くなる教育カリキュラム

これからの超スマート社会においては、AI、IoT、ビッグデータ解析、ロボットなどに代表されるような高度な情報処理技術が欠かせません。東京工芸大学では、工学部全体として全てのコースの学生に質の高い情報処理教育を行います。1年次にはどのコースも、プログラミングを含む情報処理系の4科目を必修としています。2年次以降も専門コースに情報処理系科目を豊富に配し、学系・コースを超えて選択履修できます。

芸術的センスを磨く工芸大ならではの授業

写真大学をルーツとし、芸術学部を併設している工芸大の特長を生かし、豊かな表現力や描写力が備わるようにユニークな自校教育科目、「写真演習」、「デザイン演習」、工房科目などを用意しています。他の工学系大学の卒業生には類を見ないセンスを身につけて社会に出ることができます。

幅広い卒業研究分野と進路決定

3年次の前期終了時には、48の「研究分野」から自分がやりたい研究分野を選択して研究室を決めることができます。卒業研究に備え、身につけた専門知識により希望する進路先を決定していきます。 1年次から3年次まで、系統的なキャリア教育科目を開講しています。本学工学部は、関東の理学部・工学部・理工学部の中で 実質就職率No.1 を誇っています。

一年次のカリキュラム

  • 全コース共通で工学の基礎となる共通教育を受けます。
    全てのコースで情報処理系科目(4科目必修)を学びます。
  • 必修科目「学修技術と自己管理」の中で、カリキュラムアドバイザーの先生と相談しながら、自分の将来をじっくりと考え、2年次以降の ”学びの分野” を選択します。
  • 芸術学部を持つ工芸大ならではの自校教育科目「写真演習」、「デザイン演習」、工房科目などで、豊かな表現力、描写力を身につけます。
  • 1年後期にコースの必修専門科目1科目(建築コースのみ必修4科目、選択2科目)を学びます。
img_curriculum_1st.jpg
区分 授業科目
共通科目 専門基礎科目 線形代数演習※、線形代数※、微分積分学演習※
微分積分学※、コンピュータ基礎※、情報技術入門※
工学基礎実験※、プログラミング基礎※、情報処理概論※
物理学A1/A2/A演習/B1/B2/B演習
化学A1/A2/A演習/B1/B2/B演習
コミュニケーション・スキル 英語リーディング基礎Ⅰ※/基礎Ⅱ※
英語ライティング基礎Ⅰ※/基礎Ⅱ※
日本語Ⅰ/Ⅱ
社会の仕組み 日本経済と国際社会、企業と経営、ヨーロッパ・中東の社会学、工学倫理、くらしと法律、コミュニティと社会、地域ボランティア、金融と経済、社会人と経営、アジア・日本の社会学、国際社会と歴史、日本国憲法、現代社会と科学技術、国際社会とコミュニケーション
心と体 ウェルネス演習※、フィットネス演習、スポーツ演習A/B、野外スポーツA/B、国際社会と宗教、メンタルヘルスと心理、ウェルネス演習、人間と哲学、新時代と文学、コミュニケーションと言語
キャリア教育 キャリアⅠ※/Ⅱ※
初年次教育・自校教育科目 学修技術と自己管理※、写真演習、デザイン演習、知性と感性を学ぶ、アニメーション工房、模型工房、マンガ工房、3DCG工房、写真工房、カラーサイエンス&アート、アート&サイエンス概論
専門科目(1年後期のみ) 機械
コース
ロボット製作※
電気電子
コース
電気電子基礎実験※
情報
コース
情報工学演習※
化学・材料
コース
化学実験※
建築
コース
建築設計製図基礎※、建築デザイン概論※、建築構造力学ⅠA※、建築環境学Ⅰ※、建築構造力学ⅠA演習、建築環境学Ⅰ演習
  • 科目名の後ろに「※」がついているものは必修科目です。

二年次以降のカリキュラム

機械コース

2年次

区分 授業科目
共通科目 専門基礎科目 工業英語Ⅰ※/Ⅱ※、工業技術概論、職業指導A/B
コミュニケーション・スキル アカデミック・イングリッシュⅠ※/Ⅱ※、日本語Ⅲ/Ⅳ、中国語ⅠA/ⅠB、韓国語ⅠA/ⅠB、英語コミュニケーションⅠ/Ⅱ、TOEIC演習
社会の仕組み 地域フィールドワーク
心と体 運動生理学、運動科学実験、バイオメカニクス
キャリア教育 キャリアⅢ/Ⅳ、インターンシップ
自校教育科目 工・芸制作演習
専門科目 機械基礎製図※、機械工作実習※、機械設計製図※、機構学、計測工学、メカトロニクス、電気回路、Cプログラミング、コンピュータネットワーク、機械力学、センサ工学、シーケンス制御、論理回路、オブジェクト指向プログラミング、アルゴリズムとデータ構造、ロボット実験

3年次

区分 授業科目
共通科目 コミュニケーション・スキル 中国語ⅡA/ⅡB、韓国語ⅡA/ⅡB、英語コミュニケーションⅢ/Ⅳ
キャリア教育 キャリアⅣ
専門科目 機械実験※、総合演習Ⅰ※/Ⅱ※、流体力学、画像メディア処理、制御工学、モータ工学、CAD/CAM、コンピュータアーキテクチャ、情報理論、材料力学、熱力学、自動制御、知能機械、ロボティクス、三次元CAD、数値解析、特別講義Ⅰ

4年次

区分 授業科目
専門科目 卒業研究A※/B※、精密機械学、システム工学、組込みシステム、総合演習Ⅲ/Ⅳ、特別講義Ⅱ
  • 他コースの科⽬も履修することができます。
  • 他コースの研究室に⼊って卒業研究をすることもできます。
  • 科⽬名の後ろに「※」がついているものは必修科⽬です。

他コースの2年次以降のカリキュラム

電気電子コース

2年次

区分 授業科目
共通科目 専門基礎科目 工業英語Ⅰ※/Ⅱ※、幾何学A/B、確率・統計学A/B
コミュニケーション・スキル アカデミック・イングリッシュⅠ※/Ⅱ※、日本語Ⅲ/Ⅳ、中国語ⅠA/ⅠB、韓国語ⅠA/ⅠB、英語コミュニケーションⅠ/Ⅱ、TOEIC演習
社会の仕組み 地域フィールドワーク
心と体 運動生理学、運動科学実験、バイオメカニクス
キャリア教育 キャリアⅢ/Ⅳ、インターンシップ
自校教育科目 工・芸制作演習
専門科目 電気電子基礎実験Ⅱ※、電気電子演習Ⅰ※/Ⅱ※、電気電子応用実験Ⅰ※、工業数学Ⅰ/Ⅱ、微分積分学応用A、電気回路、電磁気学Ⅰ/Ⅱ、電気電子計測、Cプログラミング、幾何光学、メカトロニクス、解析学A、交流電気回路、発変電工学、半導体工学、論理回路、CADシミュレーション、波動光学

3年次

区分 授業科目
共通科目 コミュニケーション・スキル 中国語ⅡA/ⅡB、韓国語ⅡA/ⅡB、英語コミュニケーションⅢ/Ⅳ
キャリア教育 キャリアⅣ
専門科目 電気電子応用実験Ⅱ※/Ⅲ※、総合演習Ⅰ※/Ⅱ※、応用数学、微分積分学応用B、送配電工学、電気・電子材料、電子回路、光エレクトロニクス、光画像計測工学、制御工学、パワーエレクトロニクス、解析学B、電気機器設計及び電気製図、半導体プロセス、通信工学、レーザ工学、光情報機器・設計、電気機器学、特別講義Ⅰ

4年次

区分 授業科目
専門科目 卒業研究A※/B※、電気法規及び施設管理、電波工学、総合演習Ⅲ/Ⅳ、特別講義Ⅱ
  • 他コースの科⽬も履修することができます。
  • 他コースの研究室に⼊って卒業研究をすることもできます。
  • 科⽬名の後ろに「※」がついているものは必修科⽬です。

他コースの2年次以降のカリキュラム

情報コース

2年次

区分 授業科目
共通科目 専門基礎科目 工業英語Ⅰ※/Ⅱ※、情報倫理、情報と職業
コミュニケーション・スキル アカデミック・イングリッシュⅠ※/Ⅱ※、日本語Ⅲ/Ⅳ、中国語ⅠA/ⅠB、韓国語ⅠA/ⅠB、英語コミュニケーションⅠ/Ⅱ、TOEIC演習
社会の仕組み 地域フィールドワーク
心と体 運動生理学、運動科学実験、バイオメカニクス
キャリア教育 キャリアⅢ/Ⅳ、インターンシップ
自校教育科目 工・芸制作演習
専門科目 Cプログラミング※、データベース※、オブジェクト指向プログラミング※、アルゴリズムとデータ構造※、ゲーム・アプリケーションデザイン概論、統計処理、コンピュータネットワーク、電気回路、オペレーティングシステム、人間工学、デザイン工学、CG入門、色彩学、映像概論、Webデザイン、ソフトウェア工学、データ通信、UNIX演習、論理回路、CAD、ヒューマンインタフェース、人体動作情報解析、認知的デザイン論、CG概論、色再現工学、映像制作演習、印刷プロセス工学、刷工学実験

3年次

区分 授業科目
共通科目 コミュニケーション・スキル 中国語ⅡA/ⅡB、韓国語ⅡA/ⅡB、英語コミュニケーションⅢ/Ⅳ
キャリア教育 キャリアⅣ
専門科目 総合演習Ⅰ※/Ⅱ※、情報理論、コンピュータアーキテクチャ、Webプログラミング、ネットワークプラニング、集積回路、データベース応用、シミュレーション技法、人工知能、CG制作演習、画像メディア処理、音声メディア処理、印刷システム工学、システムエンジニアリング、特別講義Ⅰ、情報数学、ゲームシミュレーション、Javaプログラミング、画像処理プログラミング演習、CGプログラミング、情報セキュリティ、ディジタル回路設計、情報システム構築、感性情報学、ソフトコンピューティング、機械学習理論と応用、画像機器、サウンドデザイン

4年次

区分 授業科目
専門科目 卒業研究A※/B※、組込みシステム、バーチャルリアリティ、知的財産論、総合演習Ⅲ/Ⅳ、特別講義Ⅱ
  • 他コースの科⽬も履修することができます。
  • 他コースの研究室に⼊って卒業研究をすることもできます。
  • 科⽬名の後ろに「※」がついているものは必修科⽬です。

他コースの2年次以降のカリキュラム

化学・材料コース

2年次

区分 授業科目
共通科目 専門基礎科目 工業英語Ⅰ※/Ⅱ※、生物学A/B、生理学A/B、生物学実験、地学A/B、地学実験
コミュニケーション・スキル アカデミック・イングリッシュⅠ※/Ⅱ※、日本語Ⅲ/Ⅳ、中国語ⅠA/ⅠB、韓国語ⅠA/ⅠB、英語コミュニケーションⅠ/Ⅱ、TOEIC演習
社会の仕組み 地域フィールドワーク
心と体 運動生理学、運動科学実験、バイオメカニクス
キャリア教育 キャリアⅢ/Ⅳ、インターンシップ
自校教育科目 工・芸制作演習
専門科目 物理化学A※、無機化学A※、有機化学A※、生物化学A※/B※、応用化学実験Ⅰ※/Ⅱ※、物理化学A演習/B演習、無機化学A演習/B/B演習、有機化学A演習/B/B演習、生物化学A演習/B演習、環境アセスメント、環境関係法規演習、環境分析学、物理化学B、公害原論、化学関係法規演習

3年次

区分 授業科目
共通科目 コミュニケーション・スキル 中国語ⅡA/ⅡB、韓国語ⅡA/ⅡB、英語コミュニケーションⅢ/Ⅳ
キャリア教育 キャリアⅣ
専門科目 応用化学実験Ⅲ※、総合演習Ⅰ※/Ⅱ※、エネルギー化学、量子化学、光化学、無機材料化学、有機合成化学、高分子化学、有機材料物性、生物有機化学、生態・生命科学、電気化学、プロセス工学、コンピュータ化学、金属材料学、半導体化学、配位化学、生物工学、機器分析学、特別講義Ⅰ

4年次

区分 授業科目
専門科目 卒業研究A※/B※、総合演習Ⅲ/Ⅳ、特別講義Ⅱ       
  • 他コースの科⽬も履修することができます。
  • 他コースの研究室に⼊って卒業研究をすることもできます。
  • 科⽬名の後ろに「※」がついているものは必修科⽬です。

他コースの2年次以降のカリキュラム

建築コース

2年次

区分 授業科目
共通科目 専門基礎科目 工業英語Ⅰ※/Ⅱ※、工業技術概論、職業指導A/B
コミュニケーション・スキル アカデミック・イングリッシュⅠ※/Ⅱ※、日本語Ⅲ/Ⅳ、中国語ⅠA/ⅠB、韓国語ⅠA/ⅠB、英語コミュニケーションⅠ/Ⅱ、TOEIC演習
社会の仕組み 地域フィールドワーク
心と体 運動生理学、運動科学実験、バイオメカニクス
キャリア教育 キャリアⅢ/Ⅳ、インターンシップ
自校教育科目 工・芸制作演習
専門科目 建築設計製図Ⅰ※/Ⅱ※、建築計画Ⅰ※/Ⅱ※、建築構法Ⅰ※/Ⅱ※、建築構造力学ⅠB※/Ⅱ※、建築環境学Ⅱ※/Ⅲ※、建築法規※、日本建築史※、建築材料Ⅰ※、建築設備基礎※、デッサン、建築構造力学ⅠB演習/Ⅱ演習、建築環境学Ⅱ演習/Ⅲ演習、建築情報処理Ⅰ/Ⅰ演習

3年次

区分 授業科目
共通科目 コミュニケーション・スキル 中国語ⅡA/ⅡB、韓国語ⅡA/ⅡB、英語コミュニケーションⅢ/Ⅳ
キャリア教育 キャリアⅣ
専門科目 建築設計製図Ⅲ※、建築計画Ⅲ、デザインシミュレーション、西洋建築史、建築生産、バリューエンジニアリング、建築構造Ⅰ/Ⅰ演習/Ⅱ/Ⅱ演習/Ⅲ/Ⅳ、建築材料Ⅱ、建築環境学実験、設備計画学Ⅰ、建築情報処理Ⅱ、特別講義Ⅰ、建築設計製図Ⅳ、都市計画、建築意匠、近代建築史、建築構造設計、建築材料構造実験A、建築施工Ⅰ、環境計画、設備計画学Ⅱ、設備設計

4年次

区分 授業科目
専門科目 卒業研究A※/B※、建築設計製図Ⅴ、測量学、測量学演習、建築構造Ⅴ、建築材料構造実験B、建築施工Ⅱ、特別講義Ⅱ、総合演習Ⅳ
  • 他コースの科⽬も履修することができます。
  • 他コースの研究室に⼊って卒業研究をすることもできます。
  • 科⽬名の後ろに「※」がついているものは必修科⽬です。

他コースの2年次以降のカリキュラム