電気電子コース Depertment of Media and Image Technology

工学部・総合工学系

電気電子コースとは

現代社会に必要不可欠な技術エレクトロニクスを学び未来社会で貢献する能力を身につける

全ての産業の根幹であるエレクトロニクスを学び、未来を体感できます。最大の特徴は実験・演習にあり、回路製作やコンピュータを使ったモーターや表示装置の制御、材料の特性測定など、興味深い内容が目白押しです。少人数指導で、安心して学びに挑戦できます。

教員からのメッセージ

  • 確実に実力が身につく実学だから、将来エンジニアとして活躍できる

    授業で学んだことが実験・演習を通じて確実に身につくカリキュラム編成です。「モノづくり」の根幹である“ハードウエア”と“ソフトウエア”の両方を学べ、優れたエンジニアを目指すのにふさわしい環境です。サイエンスアゴラ(日本最大級の科学イベント)に電気自動車を出展するなど、学生達が主体的に取り組んでいる点も魅力となっています。(工学部 電気電子コース 豊田 光紀 准教授)

コース教員一覧

コース研究室一覧

教育の特長とカリキュラム

電気電子コースは、未来社会において特に重要とされる技術のうち、環境エネルギーや電気エネルギーに関する「電気工学」、情報・通信・ディスプレイなどを含んだ「電子工学」、写真教育にルーツを持つ本学の得意分野である「光工学」によって構成されています。電気電子コースでは実験・演習での体験や実習による学習を重視し、各学年に必修として配置しています。学生実験では、講義と実験を組み合わせて、効率よく専門知識が身につくように工夫されています。

教育の特長とカリキュラム

学びの環境

走査型電子顕微鏡

機能性材料の構造評価に欠かせない電子顕微鏡です。ナノサイズの小さな物体も大きく拡大して観察できるので、太陽電池、有機EL素子、集積回路内部の小さな構造が性能にどのように影響するかを調べることができます。

学びの環境

学びのステップアッププラン

Aさん普通科高校出身で教員に
Bさん普通科高校出身で卒業後就職
Cさん専門(工業科)高校出身で大学院に進学

こんな人にオススメ

卒業後の進路ピックアップ

  • 自動車・自動車部品

    自動車産業とは、自動車及び自動車部品の生産、販売、利用、整備に関連した産業のことをさします。自動車は約3万点の部品で構成され、自動車メーカーごとに系列化された部品メーカーが存在します。自動車メーカーの他にも、電車・モノレール・重機等の業界でも電気電子に関する知識は重要になっています。職種は、生産・製造、企画・設計、開発、技術と多岐にわたります。

  • 半導体/デバイス開発・設計

    様々な機械・機器の制御に必要不可欠な半導体やセンサー、スイッチ、コネクタなどあらゆるデバイス製品の開発設計を行う仕事です。

  • 食品製造・材料系

    私たちの身の周りには食品、生活用品など様々な製品が存在していますが、それらを原材料から加工製造して商品化するのが製造業です。職種は、研究、開発、生産技術、品質管理等、さまざまです。製造工程ではロボットを多用した自動化(FA)が進み、電気電子系の知識を持った技術者の採用が増えています。

  • 総合建設会社

    一般的にゼネコンと呼ばれる会社です。大型ビル、製造プラント、道路・鉄道等インフラから、マンション等の集合住宅、戸建て住宅まで多くの建設会社があります。仕事は設計(意匠)、施工管理の他、大きいゼネコンは技術研究部門など様々な分野に分かれています。すべての建築物に電気が欠かせないことから、特に電気電子系の知識を持った人材を求めている傾向にあります。

  • 建築設備会社

    独立または請負いの形で、建築設備工事に従事する専門企業です。対象物はビル群や大型商業施設、プラントなどの大きいスケールから個人住宅まで幅広く、専門分野としては、電気・空調・衛生・水道等、多岐にわたります。

目指せる資格・免許

  • 受験可能な資格・免許

    電気主任技術者(1種・2種)

    電気工事士

    情報処理技術者(ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者) などを予定

  • 取得可能な資格・免許

    高等学校教諭1種(数学)

    中学校教諭1種(数学)

    学芸員

  • 身につけられる技術

    ソフトとハードを駆使し、時代の先をゆく「モノづくり」ができる技術

コウゲイの学び 想像し、創造する。学ぶのは「楽しい」、ものを創るのは「おもしろい」。
  • 機械コース
  • 電気電子コース
  • 情報コース
  • 化学・材料コース
  • 建築コース
  • 写真学科
  • 映像学科
  • デザイン学科
  • インタラクティブメディア学科
  • アニメーション学科
  • ゲーム学科
  • マンガ学科