情報コース Depertment of Media and Image Technology

工学部・総合工学系

情報コースとは

コンピュータの基礎から最先端の人工知能までを学び将来の選択肢を広げる

世の中のあらゆるところに応用されているコンピュータを、自分の手足のように自由自在に操り、社会問題を解決できるプロフェッショナルな能力を身につけます。コンピュータの基礎・専門知識の獲得にとどまらず、その知識と技能を生かして、様々な分野へ挑戦していける広い視野と応用力も養います。
本コースでは画像処理プログラミングやCGプログラミングの技術を学ぶ実習科目のほか、人工知能、情報セキュリティ、音声メディア処理など多彩な講義を用意。これらの先端科学を学ぶことは、必ず未来の選択肢を増やすことにつながります。

教員からのメッセージ

  • コンピュータに関するあらゆる知識・技術を備え、未来を支えていこう

    一昔前までは専門家の道具であったコンピュータは、今や大変身近で、世の中になくてはならない道具の一つとなりました。また、これらを開発する側にも、多様なニーズに応える必要が生じています。本コースでは、コンピュータに関する様々な知識・技術を基礎から応用まで、理論だけでなく実践的にもバランスよく学習できるカリキュラム編成がなされています。幅広く「情報処理基盤」「プログラム開発」「通信・ネットワーク」「回路」「システム応用」「人工知能」「情報メディア」「ヒューマン情報処理」「ビジネス」など情報系及びメディア系で学問及び実践として必要とされる幅広い技術分野を学び、研究できるのが特徴です。基礎から応用まで確実に学び、今後ますます発展していくコンピュータ社会を支える人材になり、活躍していきましょう。(工学部 情報コース 荒井 良徳 准教授)

コース教員一覧

コース研究室一覧

カリキュラムの特長

今後の工学系教育では、他の専門分野に関心を示し多様性を理解することができる人材、そして社会や産業界の変革にも柔軟に対応することができる人材を育成する仕組みが求められています。また、現在の情報化社会、さらにその先のSociety5.0と呼ばれる超スマート社会において、情報処理の知識と技術を駆使して新たな社会的価値を創造することができる人材を育成する仕組みも求められています。
東京工芸大学工学部の新しい学びの仕組みは、こうした人材を育成し社会に輩出するために生み出されました。これからの工学系教育を先取りした先進的な教育システムです。

カリキュラムの特長

学びのステップアッププラン

Aさん専門(工業科)高校出身で卒業後就職
Bさん普通科高校出身で卒業後就職
Cさん普通科高校出身で大学院に進学

こんな人にオススメ

卒業後の進路ピックアップ

  • システムエンジニア

    顧客の悩みをシステムを使って解決する仕事です。顧客の要求を満足するシステムの仕様から設計、テストなどを一括して行います。

  • アプリケーションエンジニア

    ITソフト製品や企業内アプリケーションの開発から、プログラムの設計、動作テストなどを一括して行う仕事です。

  • プログラマー

    コンピュータを動かす「プログラム言語」を用いてプログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。プログラマーは、システムエンジニアが作った仕様書(設計図)を元にプログラミングして、実装し完成まで携わる重要な役割をもっていいます。

目指せる資格・免許

  • 受験可能な資格・免許

    マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)

    情報処理技術者(ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者)

    CGエンジニア検定

    マルチメディア検定

    シスコ技術者認定(CCNA)

    画像処理エンジニア検定

    色彩検定

    3次元CAD利用技術者

    DTPエキスパート

    Webデザイナー検定

    国際光技術者検定

    フォトマスター検定 などを予定

  • 取得可能な資格・免許

    高等学校教諭1種(情報)※申請中

    学芸員

  • 身につけられる技術

    コンピュータに関する知識と共に、様々な課題を解決できる総合力

コウゲイの学び 想像し、創造する。学ぶのは「楽しい」、ものを創るのは「おもしろい」。
  • 機械コース
  • 電気電子コース
  • 情報コース
  • 化学・材料コース
  • 建築コース
  • 写真学科
  • 映像学科
  • デザイン学科
  • インタラクティブメディア学科
  • アニメーション学科
  • ゲーム学科
  • マンガ学科