機械コース Depertment of Media and Image Technology

工学部

機械コースとは

一人一台のロボットを作りその機能を高めていくことで多面的な能力を身につける

ものづくりの基礎となるメカ・回路・プログラミングを一連の流れとして、ロボットという具体的なモノを通して学ぶことができます。このコースの面白さは、実際に設計・制作したモノを手にすることができ、それらを意図通りに動かせるところです。機械コースは、「モノを考える・作る・動かす」全てを実現できるコースです。一人一台のロボットを制作する授業が毎年配置されています。年次が上がるに従って、課題となるロボットもレベルアップ。コンテスト形式で学年内で競ったり、発表し合うことで技術の習得と、実学による経験値を上げていきます。

教員からのメッセージ

  • 未来技術の集合体「ロボット」を通して多彩な技術を学ぶ

    長い歴史を持つ「機械」という学問分野は、ロボットの登場により、今まさに大きく様変わりしようとしています。かつて、本や映画・ゲームの中で描かれた、人工知能のような賢いソフトウェアや、人型ロボットのような機能的なハードウェアといった未来技術が、今や現実のものとなり、ロボットという核を中心にしてさらなる拡がりを見せつつあります。その適用分野はとても広く、宇宙や災害現場、工場、公共施設、オフィスから家の中まで、あらゆる場所にパートナーとしてのロボットが溢れ始めています。そのような技術の集合体であるロボットの構成要素を紐解き、体系付けて基礎から順番に学ぶことで、社会で必要とされる実用技術、「モノづくり」技術を効率良く学ぶことができます。機械コースは、皆さんの「モノづくり」欲求に応えるべく、楽しんで学べるように整えたカリキュラムと、最新鋭の様々な設備を準備して待っています。さぁ、モノづくりを始めよう!(工学部 機械コース 鈴木 秀和 准教授)

学びのステップアッププラン

Aさん専門(工業科)高校出身で卒業後就職
Bさん普通科高校出身で卒業後就職
Cさん普通科高校出身で大学院に進学

こんな人にオススメ

卒業後の進路ピックアップ

  • 機器開発・機構設計

    あらゆる業界で使われる機械・機器の機構部品の設計や、性能を満足する素材の選定などを行う仕事です。

目指せる資格・免許

  • 受験可能な資格・免許

    CAD利用技術者

    情報処理技術者(ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者)

    画像処理エンジニア検定 などを予定

  • 取得可能な資格・免許

    学芸員

  • 身につけられる技術

    工学機械の設計・加工・制御技術と関連知識

コウゲイの学び 想像し、創造する。学ぶのは「楽しい」、ものを創るのは「おもしろい」。
  • 機械コース
  • 電気電子コース
  • 情報コース
  • 化学・材料コース
  • 建築コース
  • 写真学科
  • 映像学科
  • デザイン学科
  • インタラクティブメディア学科
  • アニメーション学科
  • ゲーム学科
  • マンガ学科