カリキュラム メディア画像学科

1年次

広い視点で画像を捉え基礎技術と感性を磨く。

基礎科目の「メディア画像基礎演習」「メディア画像工学入門」等を通して、工学の基礎となる知識と画像技術(イメージングテクノロジー)を学び、基礎技術と創造力を養います。

2年次

最新の設備・機材で画像情報を操作する。

画像制作や表示、情報伝達、表現までを体系的に学んでいきます。加えて、実験やCG・映像演習を体験し、メディア技術に関する知識・技術を総合的にレベルアップしていきます。

3年次

専門的な研究領域で高度な技術力を高める。

2年次までに習得した基礎知識・技術をベースに、自分の趣味や関心を活かした専門分野を選択し、専門的な研究を開始します。さらに、新しいフィールドへの可能性も探求していきます。

専門基本科目

講義

演習・実験

発展・応用科目

講義

演習・実験

4年次

未来を担う人材としてさらなる進化に向かう。

アカデミックな学びの醍醐味といえる研究室で、独自の専門研究テーマを選び、実験・研究を重ねていきます。教員の丁寧な指導のもと、社会に貢献でき、次代を担える能力を磨きます。

専門基本科目

講義

発展・応用科目

演習

卒業研究・卒業演習

その他の科目

メディア画像学科について