建築学・風工学専門分野 大学院

概要

建築学・風工学専門分野の教育部では、人類生存に欠くことのできない環境を計画・設計し、維持・管理し、自然環境との調和を図るための理論と応用、そして技術を学びます。また、構築された環境は、その地域の気候風土、文化、社会環境と密接につながっており、地域に調和した形態、構造的強度、環境的性能等を備えるために、工学、理学、農学をはじめ、人文・社会科学等を含む幅広い分野との協働に加え、美観・景観等を統合する学問領域であることを学びます。研究部では、建築設計、建築構造、建築環境の各領域を中心に所属研究室で研究を行います。

博士前期課程

本専門分野は、建築設計、建築構造、建築環境、の3分野により構成されています。
建築設計では、機能性、快適性と美しさを高い次元で統合した建築を創造するために必要となる建築意匠、建築計画、建築史、建築構法を学びます。
建築構造では、人命の保護や財産の保全など建築物で生活する上で、非常に重要な分野であり、安全な建築物を建てるために、建築の構造及び材料を中心に学びます。
建築環境では、建築設備により「得られる価値」としての人に対する室内の快適性や健康性と、「消費する資源」としてのエネルギーの最適なバランスと、災害時に建築設備の損傷したりやライフラインの途絶することを防ぐために、建築設備の機能維持について学びます。

博士後期課程

博士前期課程に引き続き、人類生存に欠くことのできない環境を計画・設計し、維持・管理し、自然環境との調和を図るための理論と応用、そして技術を学びます。また、構築された環境は、その地域の気候風土、文化、社会環境と密接につながっており、地域に調和した形態、構造的強度、環境的性能等を備えるために、工学、学、農学をはじめ、人文・社会科学等を含む幅広い分野との協働に加え、美観・景観等を統合する学問領域を学びます。

主な研究装置

  • 全自動2000kN耐圧試験機
  • 高性能万能試験機(50kN)
  • 振動計測処理システム
  • 床振動実測装置
  • 正弦波加振機および加振台
  • GPS変位計測システム
  • 大型乱流境界層風洞
  • エッフェル型環境用風洞
  • エッフェル型温度成層風洞
  • 粒子追跡型風速解析装置
  • ドップラソーダ風速計
  • 建築学分野のデータベース構築システム
  • レーザードップラー流速計
  • 多点変動風圧測定装置
  • 風速、温度、濃度の同時測定システム
  • 通風型人工気候室
  • 加速度多点計測システム
  • 竜巻状旋回流発生装置
  • 外装材圧力試験装置

ポリシー

関連リンク