工業化学専攻 大学院

概要

工業化学専攻では、環境エネルギー化学、有機材料化学の2専門分野に集約して、教育・研究を行っています。有機、無機、高分子材料、セラミックスなど基礎領域はもちろんのこと、生命、医療、環境、電子情報などの分野を中心とした社会のニーズに応えた先端的研究テーマを設定し指導をしています。基幹専門授業科目学修による高度な専門的能力に加え、研究やゼミナールを通して、コミュニケーション能力、問題抽出・解決能力などの実践能力をつけ、柔軟な思考と高度な専門知識を身につけた研究者・技術者の育成を目指します。学術フロンテア拠点採択を期して設立した「ナノ科学研究センター」を中心に、学内外の研究グループとの連携を含めた研究環境の整備拡充が着実に進んでいます。

博士前期課程(定員20名)

「無限小の分子の世界に、無限の英知を」の研究スローガンを掲げ、研究・研鑽活動に取り組みます。自らの学修・研究のみならず、化学を伝える役割も学びの機会と認識し、私立大学院で唯一、国立科学博物館連携サイエンスコミュニケータ養成講座単位認定を行っています。中学校教諭一専修(理科)高等学校教諭専修(理科)認定大学院です。

博士後期課程(定員2名)

博士前期課程と同様の再編成を行い、環境エネルギー化学、有機材料科学の2つの専門分野に集約しました。自立して研究活動ができ、かつ高度な専門的職業領域において活躍できる研究能力やその基盤となる学識を幅広く伸張することを目的としています。人材教育の場として社会人にも広く門戸を開いています。

主な研究装置

  • レーザイオン化飛行時間型質量分析装置〔Voyager DE Pro-T〕
  • 円二色性分散計〔J-820〕
  • 走査型プローブ顕微鏡〔SPM-9500J2〕
  • 小角・広角高分解能X線回折装置〔RINT2500HR/LC2〕
  • X線多結晶材料構造解析システム〔RINT2500V〕
  • 超伝導FT-NMR装置〔JNM-EX400WB, JNM-GX500〕
  • FT-IR装置〔JIR-700〕
  • 熱分析システム〔MDSC-2920、EXSTAR6000〕
  • PVT測定装置〔GNOMIX〕
  • 環境低負荷対応実験設備

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭専修(理科)
  • 高等学校教諭専修(理科)

ポリシー