化学・材料工学専門分野 大学院

概要

化学・材料工学専門分野の教育部では、物質を科学的な視点で、構造・性質・反応について原子・分子レベルで理解し、物質変換や新物質合成などを安全に行う化学の知識を修得することや、科学技術、産業の発展と相補的・相乗的な関係を保ちながら進化した材料工学の知識をを学びます。また、理学、工学、医学・薬学、農学分野との関わりに加え、物質の安全性や環境への影響に対する評価、また環境保護技術の開発など、人類や社会の持続性に配慮したより広範な展開が期待されること、材料工学には新たな創成と高機能化などについて学びます。
研究部では、先端材料、応用化学の各領域を中心に所属研究室で研究を行います。

博士前期課程

本専門分野は、先端材料、応用化学、の2分野により構成されています。
先端材料では、最新の有機材料・無機材料・高分子材料を扱う先端材料を学び、新しい機能材料の設計と開発や評価を行うために必要な専門知識と技術を学び研究します。
応用化学では、多角的な視点で物質を捉えながら、環境問題の解決や次世代エネルギー源の創出を目指した化学などを学び、物質の基礎的性質や反応性を原子・分子レベルで理解し、化学技術を学び研究します。

博士後期課程

博士前期課程に引き続き、物質を科学的な視点で、構造・性質・反応について原子・分子レベルで理解し、物質変換や新物質合成などを安全に行う化学の知識を修得することや、科学技術、産業の発展と相補的・相乗的な関係を保ちながら進化した材料工学の知識を修得することを学びます。また、物質の安全性や環境への影響に対する評価や環境保護技術の開発なども学びます。

主な研究装置

  • レーザイオン化飛行時間型質量分析装置〔Voyager DE Pro-T〕
  • 円二色性分散計〔J-820〕
  • 走査型プローブ顕微鏡〔SPM-9500J2〕
  • 複合材料X線解析システム〔Rigaku社・Micro Max-007HF, Rigaku社・Mini Flex 300〕
  • X線多結晶材料構造解析システム〔RINT2500V〕
  • 超伝導FT-NMR装置〔JNM-GX500〕
  • FT-IR装置〔JIR-700〕
  • 熱分析システム〔MDSC-2920、EXSTAR6000〕
  • PVT測定装置〔GNOMIX〕
  • 環境低負荷対応実験設備

ポリシー