原点は 写真技術と写真表現

東京工芸大学は、アートとテクノロジーの融合を
目指した先駆的な大学として、
これまで多くの人材を育成してきました。

その前身は1923年に創設された小西写真専門学校。
写真は工学的技術を使った芸術表現であり、
創設当初から
「アートとテクノロジーを融合した無限大の可能性」
を追究し続けてきたのです。

時代の流れとともに写真を初めとする
メディアアートテクノロジーの
最先端教育・研究機関として
進化を遂げてきた東京工芸大学。
しかし、その理念は、創設当初から変わっていません。

私たちはこれからも
メディアアート分野、テクノロジー分野の
世界的人材の育成に貢献していきます。

学長からのご挨拶

想像し、創造する。学ぶのは「楽しい」、ものを創るのは「おもしろい」。 東京工芸大学 学長 義江龍一郎

 東京工芸大学の原点は1923(大正12)年創設の「小西寫眞専門学校」であり、創設当初より、写真に関する技術(テクノロジー)と表現(アート)の融合を目指してきました。戦後の新学制により東京写真短期大学となり、東京写真大学を経て、1977年に現在の東京工芸大学へと改称。以来、技術と創造性をもって、現代社会に通じる「新しい価値」を創造する人材の育成に努めています。

 その学びの大きな特徴は、工学部と芸術学部の二つの学部を有する点にあります。両学部は一見、相反するように見えるかもしれませんが、現代社会においては、様々な場面でテクノロジーとアートの融合が進んでいます。本学では、「学問のハイブリッド化」を体現すべく、テクノロジーとアートの両分野の先端を学ぶことができるのです。

 具体的には、工学部の学生は1年次に写真とデザインを学ぶことで芸術的なセンスを身につけ、芸術学部の学生はメディアアートを通して工学的な技術を身につけます。

 東京工芸大学は、平成28年度文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に選定されています。同事業は、全学的な独自性を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学等に対して、文部科学省が重点的支援をするというもので、本学が選定された事業名は、“「色」で明日を創る・未来を学ぶ・世界を繋ぐKOUGEI カラーサイエンス&アート”です。この選定は、本学のテクノロジーとアートを融合する学びの価値が認められたことの証左といえます。

 一方で、大学が人間形成の場であることを忘れてはなりません。これから世に出る学生にとって大切なのは「人として立派であること」です。誠実で地道に努力を続けることができる、そして責任ある立場に自ら進み出るリーダーシップのある人材の育成を目指しています。本学は、クラブ活動や課外活動などの充実した学生生活を通した人間形成にも力を入れています。

 技術と創造性に好奇心を向け、かつ、人として思いやりのある学生を育てるべく、教職員一同、誠心誠意をもって取り組んでまいります。

開く

東京工芸大学について

  • 建学の精神・基本理念

    東京工芸大学の前身は、1923年に創立した小西写真専門学校です。創立当時最先端のメディアであった「写真」を広く社会に普及させることを目的としており、その建学の精神を今も「最先端のアートとテクノロジーの教育」という形で継承し続けています。

    建学の精神・基本理念
  • 大学のポリシー

    東京工芸大学は基本理念に共感し「学びたい」という志の高い学生を広く受け入れます。最先端のカリキュラムと、研究・教育施設、特色ある授業で、時代の第一線で活躍する人材の育成を目指します。

    大学のポリシー
  • 大学の歴史

    1923年の創立以来、建学の精神の基、時代のニーズに柔軟に対応する教育機関として、大きな変遷を遂げてきました。今後も創立時の思いを継承しながら、さらなる発展を推進し、100周年に向かっていきます。

    大学の歴史
  • キャンパス紹介

    東京工芸大学には最先端の研究施設や設備が整ったテクノロジー教育の拠点である「厚木キャンパス」と芸術分野の教育・研究拠点である「中野キャンパス」があります。それぞれのキャンパスの特色をご紹介いたします。

    キャンパス紹介
  • 基本情報