原点は 写真技術と写真表現

東京工芸大学は、テクノロジーとアートの融合を
目指した先駆的な大学として、
これまで多くの人材を育成してきました。

その前身は1923年に創設された小西写真専門学校。
写真は工学的技術を使った芸術表現であり、
創設当初から
「テクノロジーとアートを融合した無限大の可能性」
を追究し続けてきたのです。

時代の流れとともに写真を初めとする
テクノロジーとメディアアートの
最先端教育・研究機関として
進化を遂げてきた東京工芸大学。
しかし、その理念は、創設当初から変わっていません。

私たちはこれからも
テクノロジー分野、メディアアート分野の
世界的人材の育成に貢献していきます。

学長からのご挨拶

東京工芸大学 学長 吉野弘章

 社会や経済が複雑化し、人々の生活や価値観が激しく変化し続け、常に革新を求められる時代。この時代を生き抜き、さまざまな社会課題を解決するには、人々の多様な価値観を理解し、ものごとの本質を見極め、自ら考えて行動する力が必要です。そうした力を育てるために、テクノロジーとアートという二つの創造的な教育の持つポテンシャルははかりしれないと思っています。

 本学の原点は、1923(大正12)年に創設された「小西寫眞専門学校」です。我が国の写真教育の先駆的存在として、多くの人材を世に送り出してきました。写真には、カメラやレンズといった工学的な要素と、テーマや表現というような芸術的な要素があります。テクノロジーとアートの両方の要素が、創立当初からカリキュラムにうまく取り入れられてきたのです。技術革新によって表現や創造の幅は広がり、また、豊かな感性が技術を進化させる。それらは社会を発展させる両輪なのです。これからも本学はテクノロジーとアートを調和、融合させながら、ますます大きく変化する時代に、いっそう社会のニーズに応えながら進んでまいりたいと考えています。

 写真教育を原点とした志を大切にしながら、新しい時代を切り開いていくために、キャンパスの整備や学部学科の改組を進めてまいりました。工学部は2019年に、機械、電気電子、情報、化学・材料、建築の5コース体制になりました。そこでは「写真演習」「デザイン演習」など、本学のルーツを生かした独自科目もあり、テクノロジーを飛躍させるための発想力や表現力を身につけることができます。芸術学部は写真、映像、デザイン、インタラクティブメディア、アニメーション、ゲーム、マンガという7学科を擁します。中野キャンパスに一元化、リニューアルした施設や最新の設備で、思う存分制作に打ち込むことができます。様々な個性やバックグラウンドを持つ学生たちが互いに切磋琢磨することはかけがえのない経験になるでしょう。

 これからも本学は、テクノロジーとアートの力で時代に向き合い、社会の発展に貢献してまいります。まもなく100周年を迎える長い伝統を持ち、常に最先端を走ってきた東京工芸大学に、どうぞご期待ください。


東京工芸大学 学長 吉野弘章

開く

東京工芸大学について

  • 建学の精神・大学の理念

    東京工芸大学の前身は、1923年に創立した小西写真専門学校です。創立当時最先端のメディアであった「写真」を広く社会に普及させることを目的としており、その建学の精神を今も「最先端のアートとテクノロジーの教育」という形で継承し続けています。

    建学の精神・大学の理念
  • 大学のポリシー

    東京工芸大学は大学の理念に共感し「学びたい」という志の高い学生を広く受け入れます。大学の理念、及び教育目標に基づき、2020年、新たに学部研究科ごとに3つのポリシーを制定しました。

    大学のポリシー
  • 大学の歴史

    1923年の創立以来、建学の精神の基、時代のニーズに柔軟に対応する教育機関として、大きな変遷を遂げてきました。今後も創立時の思いを継承しながら、さらなる発展を推進し、100周年に向かっていきます。

    大学の歴史
  • キャンパス紹介

    東京工芸大学には最先端の研究施設や設備が整ったテクノロジー教育の拠点である「厚木キャンパス」とメディア芸術分野の教育・研究拠点である「中野キャンパス」があります。それぞれのキャンパスの特色をご紹介いたします。

    キャンパス紹介
  • 基本情報